どういう効果があるか知ってる?編集部おすすめカスタム、スポット増し!

2018年02月08日 (更新:2018年05月23日)

どういう効果があるか知ってる?編集部おすすめカスタム、スポット増し!

ボディ補強の種類の一つ、スポット増し。なぜわざわざ純正のスポット溶接以上のスポットを打つのでしょうか。ボディ剛性と深い関わりのあるスポット増し。今回はそんなスポット増しについて解説します。また記事後半ではCARTUNEユーザーのスポット増しカスタム例を紹介します。

スポット増しってなに?

スポット増しとは?

引用元:weblio
スポット溶接

スポット増しとは何でしょうか?純正の車はパネルとパネルをいろいろな方法で繋げています。その内の一つの方法がスポット溶接です。パネルとパネルの重なっている部分に電気を流し、上のパネルと下のパネルを溶接することで、二つのパネルを繋げています。スポット増しとは、更にスポット溶接を増やすことです。つまり、市販車よりもスポット溶接の数が多いことになります。

一般的にスポット増しはパネルとパネルの繋ぎ目に行われます。ドア開口部やハッチ開口部などは、剛性が低いため特に、スポット増しをする効果があると言われています。またフロアパネルや、エンジンルーム内などにもスポット増しは行われます。

引用元:CARTUNE
フロアパネルのつなぎ目のいたる箇所にスポット増しがされているのがわかります。

なぜスポット増しをするのか?

スポット増しを必要とする車は、主にモータースポーツ競技で使用されている車です。ラリーやサーキットではボディに大きな負荷がかかります。純正で想定されている以上の負荷がボディにかかると、ボディがしなるように動いてしまいます。そうするとサスペンションの性能をフルに活かしきれなくなります。またボディが動いてしまうため、ハンドリング性能が悪化します。つまりボディ剛性が低い状態で、過酷な走行を行うと、ドライバーの意のままに車を操ることが難しくなります。

こうした状態を改善するため、モータースポーツではボディ補強が重要になってきます。ボディ補強の方法は、タワーバーロールバーの装着など様々な方法がありますが、そのうちの一つが、スポット増しです。

スポット増しのメリット

ここまでスポット増しについて説明してきましたが、いったい純正のスポット溶接以上の溶接を増やして、どのようなメリットがあるのでしょうか。

スポット増しのメリットは、タワーバーやロールバー等で繋ぐことのできない箇所まで剛性を上げることができる点です。例えばフロアパネルやドア開口部、リアハッチ部のパネルなど、構造的に弱い箇所を繋ぎ、剛性を上げることができます。一般的にスポット増しによるボディ補強のほうが、タワーバーやロールバー等によるボディ補強よりも効果が高いと言われています。ただどちらか一つを選ぶというわけではなく、組み合わせて装着することで、ボディ補強の効果はさらに高まります。

上記でも述べましたが、ボディ剛性を上げることにより、車体の運動性能をさらに上げることが可能になります。

スポット増しのデメリット

ではスポット増しのデメリットとは何でしょうか。

一つは、車体に余計な負荷をかけるために、ボディ寿命が短くなってしまう点です。簡単に説明すると、車のボディはしなることによって、路面から伝わる衝撃を吸収しています。それはサスペンションの働きではないかと思われる方もいるかもしれません。確かに衝撃の大部分を吸収しているのはサスペンションです。しかしボディも同時にしなることにより衝撃を吸収しています。そのボディをスポット増しをすることにより剛性をあげると、剛性が弱い場所に大きな負荷がかかってしまいます。今までしなることによって逃がしていた力が、剛性の弱い場所に集中するわけです。そのためその箇所にいずれクラック等が入ってしまい、結果的にボディ寿命は短くなります。

二つ目は、工賃の高さです。工賃は後述するのですが、決して安いとは言えません。モータースポーツ競技に取り組んでいない人にとっては不必要な出費かもしれません。

スポット増しの工賃

ショップにもよるのですが、スポット増しの工賃の目安を以下記載します。

  • フルスポット増し:¥500,000~2,000,000
  • フロアのみ:¥150,000~

その他部分部分でスポット溶接を行ってくれるショップもあります。

CARTUNEユーザーのカスタム例紹介

リョウ86さんのトヨタ カローラレビン AE86 GT-APEXカスタム事例

引用元:CARTUNE
エンジンルーム内、フロンドガラスの窓枠などにスポット溶接がされているのが分かりますね。
引用元:CARTUNE
フロア下にもスポット溶接が施されています。フルスポット溶接する場合は、燃料タンクやブレーキラインなど燃えてはいけなもの全て外すので、大掛かりな整備になります。

リョウ86さんのトヨタ カローラレビン AE86 GT-APEX。フルスポット溶接をしてもらっています。サーキットユーズの車なので、フルスポット溶接を行ったようですね。ボディ補強によりタイムアップが期待できます。

関連するカスタム解説記事

ホイール好きのライターが選ぶ、渋いホイールメーカー・カールソンの厳選ホイール3選!

2018年09月05日

メルセデス・ベンツ専門のチューニングメーカー「Calsson(カールソン)」をご存知でしょうか?「Calsson」はチューニングだけでなく、アルミホイール...

ワンダー、グランド・・・シビックの歴史を振り返る!その魅力とは?

2018年01月04日

2017年久しぶりに国内販売が復活したシビック。その歴史を初代から振り返ってみましょう。

VIZIV TOURER CONCEPT現る!次期型登場も近い!?レヴォーグについて振り返る

2018年03月12日

先日開幕したジュネーブモーターショー2018で、スバルは一台のコンセプトカーを公開しました。その名はVIZIV TOURER CONCEPT。スバルのコン...

車のボンネットを塗装しよう|自分で塗装する方法教えます!

2018年10月20日

車のボンネットを塗装すると、印象が違ってきます。ボンネットは対向車や前方車の印象に残りやすいです。自分で塗装して、自分なりにカスタムするというのもオススメ...

プリウスのエアロカスタム!十人十色、エアロで決めたカスタムプリウスたち!

2017年12月21日

皆さん、プリウスにどんなイメージをお持ちですか?燃費の良いエコカー?環境にやさしい?いえいえ、プリウスはカスタムカーとしてもアツい車。今回はユーザーさんの...

東京タイヤ流通センターとはどんな会社?安く販売される理由とは!?

2018年05月31日

車を安全に運転するためには性能のいいタイヤを使うのが最良の方法であるのは言うまでもありません。タイヤは消耗品ですので、少なくとも3年に一度程度の割合で新し...

シュアラスターのカーワックス!特徴やラインアップを、徹底解説します!

2018年09月26日

洗車用品を扱うメーカーはたくさんありますが、その中でもファンの多いシュアラスター。多くの車好きに愛されるその製品の特徴や、人気商品のラインナップなどをご紹...

シルビアのライトカスタムの紹介!夜に輝く車にカスタムしよう

2017年12月22日

車の印象は昼と夜では大分違います。夜でもかっこよく見せるにはライトカスタムがおすすめ!今回はシルビアのライトカスタムを紹介します。

みんなで一緒にお出かけしよう!知っておきたい、中古でセレナを買うポイント!

2018年03月08日

日産のミニバンといえば、ぱっと思いつくのがセレナ。セレナは見た目にもこだわったライダーやNISMOといったグレードがあり、大御所の車好きとしては嬉しい車!...

洗車にいくらかける?場所別、洗車料金を紹介します!

2018年09月25日

愛車にはいつでもきれいでいて欲しいという方は多いですよね。そのために様々な洗車グッズや洗車サービスが充実しています。毎週欠かさず行う方もいれば、数ヶ月に一...

新着のカスタム記事

セレナのヘッドライトが切れた?バルブを自分で交換してみよう!

2018年11月14日

セレナにお乗りの皆さんは、ヘッドライトが切れたらどうしますか?業者に頼む?DIYで交換する?本記事では、セレナのヘッドライトを業者に頼む場合の工賃から、ヘ...

バリエーション豊富なBOSCH(ボッシュ)のワイパー!あなたの車にピッタリのワイパーは?

2018年11月14日

BOSCH純正交換ワイパーブレードの豊富なバリエーションなどのご紹介です。あなたの車にピッタリなワイパーブレードを見つけましょう!

今更聞けない!?クルマの「バンパー」に関するあれこれ。基本のおさらいから修理方法まで!

2018年11月14日

車に乗っている方は勿論、車について少し知っている方なら誰でもバンパーという部分は知っているはずです。ここではそのバンパーについて、そしてその修理方法等につ...

WRCで活躍したシトロエン DS3を紹介!

2018年11月14日

WRCは悪路で峠のような過酷な道でタイムを競うモータースポーツです。WRCでスポーツタイプに変化したシトロエン DS3が大活躍しました。この記事ではWRC...

車のカスタムは内装で差をつけろ!人気の内装ドレスアップパーツ特集!

2018年11月14日

カスタムといえば外装を思い浮かべる方が多いと思いますが、内装のカスタムも実は奥が深い!内装のカスタムは、自分が選んだものに囲まれる運転ができ、安全性も上が...