【ランエボⅢ・インプレッサ編】まるで現実の頭文字(イニシャル)D?!原作を忠実に再現したカスタム大紹介!

2018年02月23日 (更新:2018年05月23日)

【ランエボⅢ・インプレッサ編】まるで現実の頭文字(イニシャル)D?!原作を忠実に再現したカスタム大紹介!

目次

  1. 頭文字Dとランエボ・インプレッサ
  2. 「ハイパワーターボプラス4WD。この条件にあらずんばクルマにあらずだ」須藤京一のランサーエボリューションⅢ
  3. 「心臓が縮み上がるような瞬間を幾つも飲み込みながら、走り屋は成長していくもんだ」藤原文太のGC8型インプレッサWRXタイプR STI
  4. 終わりに

頭文字Dとランエボ・インプレッサ

クルマ好きなら知らない人はいないであろう超有名走り屋漫画、頭文字D。FRスポーツカーが多く登場する同作品ですが、物語の要所要所で圧倒的な走行性能を持つ4WDスポーツカーが登場し、物語の展開上でも重要な役割を果たしています。そんな頭文字Dに登場する4WDスポーツカーの中でも代表的なのが、三菱のランサーエボリューションとスバルのインプレッサWRX STIです。WRC参戦を目的として開発されたこの2車種は、峠でも抜群の運動性能を発揮します。今回は頭文字Dに登場するランエボ・インプレッサの中でもランエボⅢとGC8型インプレッサについて振り返りながら、実際のカスタム例も紹介します。

「ハイパワーターボプラス4WD。この条件にあらずんばクルマにあらずだ」須藤京一のランサーエボリューションⅢ

日光いろは坂を拠点とするランエボのワンメイクチーム、エンペラーのリーダーが須藤恭一です。徹底した合理主義者である彼は、滅多なことでは取り乱さず派手なアクションを好まない、基本に忠実な職人気質の人間として描かれています。FC3S型RX-7に乗る高橋涼介に並ぶドライビングテクニックを持つとされ、頭文字Dシリーズ全体でも最強クラスの実力を持っているとされる彼が駆るのは、ピレネーブラックパールのランサーエボリューションⅢです。ターボエンジンと4WDシステムが生み出す圧倒的な戦闘力、そしてそれを操る須藤の卓越したテクニックのレベルの高さは、シリーズ全体のラスボス的存在である藤原文太(後述)を除き、唯一主人公藤原拓海を事実上打ち負かしたということからも伺えます。須藤のエボⅢは純正のOZ製ホイールを黒く塗って装着していること以外は外見上はほぼノーマルそのままです。

ノーマル維持なSugitaさんのランサーエボリューションⅢ

引用元:CARTUNE

免許を取ってからずっとこのクルマに乗られているというSugitaさんのランエボは、須藤のエボⅢと同じく基本的にノーマル外装です。もともと機能的で派手なエアロパーツを纏っているランエボの場合は、少し社外品を装着するよりもむしろこのように基本ノーマルで仕上げるほうがカッコいいのかもしれませんね。

「心臓が縮み上がるような瞬間を幾つも飲み込みながら、走り屋は成長していくもんだ」藤原文太のGC8型インプレッサWRXタイプR STI

頭文字Dの主人公、藤原拓海の唯一の家族にして、かつて「伝説の走り屋」と呼ばれた男、藤原文太。シリーズ全体でのラスボス的存在である彼は、物語序盤では拓海のAE86トレノの本来のオーナーとしてときたまそれを運転していましたが、AE86を「半分拓海のもの」として拓海が自由に使えるようにした後に、「実用的でラクなクルマ」としてクーペボディを持つGC8型インプレッサWRXタイプR STIを購入します。

セダンが圧倒的に有名なインプレッサですが、GC8型では途中からこのクーペボディでWRCにも参戦していました。STI製のオプションパーツであるWRカータイプバンパーを装着したこのインプレッサのボディカラーは、原作ではクールグレーメタリックでしたが、アニメ版でソニックブルーマイカとして登場して以降は基本的にはブルーとして扱われています。モデルライフの途中で細かな改善が頻繁に行われたことでも知られるインプレッサですが、文太のインプレッサはその中でも5世代目となるバージョンⅤです。

限定車な豆電球 林太郎さんのインプレッサWRX タイプR

引用元:CARTUNE

藤原文太のインプレッサと同じソニックブルーマイカをまとった豆電球 林太郎さんのインプレッサは、WRXタイプRリミテッドという限定モデルで、シリアルナンバーが与えられているほどの希少グレードです。この他にもタイプRAやSTI S201、22B STIなどインプレッサシリーズには様々な希少グレードが存在しています。

終わりに

いかがでしたでしょうか。このように頭文字Dの劇中で様々に活躍したランエボ・インプレッサですが、本物のランエボ・インプレッサもラリー仕込みの走行性能と迫力のルックスを持つ優れたスポーツセダンです。皆さんもぜひ頭文字Dの様々な名シーンを思い出しながらランエボやインプレッサのカスタムを楽しんでみてください。

関連するカスタム解説記事

BMWのオイル交換時期は?交換費用はいくら?気になるあれこれを解説!

2018年04月05日

BMWのオイル交換のタイミングが分からない・・・なんて方も多いのではないでしょうか?エンジンオイルは、潤滑剤の役割として知られていますが、エンジン内のクリ...

編集部が選ぶパジェロミニカスタム!リフトアップやステアリング交換、内装カスタムなどを紹介

2018年01月24日

パジェロミニといえば、ジムニーと並ぶ本格オフロード軽自動車です。軽自動車なのに荒れ地も走破できる走行性能を備えている。そんなパジェロミニはどんなカスタムが...

タイヤ交換に関するすべてを徹底解説!タイヤサイズの見方、選び方、交換方法を知って、タイヤ博士になろう

2018年08月02日

愛車と長く付き合っていく上で欠かせない作業がタイヤ交換。通常走行で交換時期が来た際はもちろん、冬の降雪シーズンやスポーツ走行時といった状況に合わせて交換す...

S15シルビアから覗くカスタムカーの世界!CARTUNEユーザーのカスタムS15をピックアップ!

2018年02月20日

国産カスタムカーの大御所、日産シルビア。一番新しく、一番人気のS15シルビアはどのようなカスタムが人気なのでしょうか。ユーザーが投稿したカスタムS15を見...

プリウスのオイル交換時期や走行距離は?交換費用についてもご紹介!

2018年04月06日

低燃費でエコな車として知られているプリウス。乗り始めてしばらくたって気になるのが、オイル交換のタイミング。今回はプリウスのオイル交換時期や走行距離、交換費...

カスタムカーからR33GT-Rの魅力を学ぶ!CARTUNEユーザーのカスタムR33GT-Rをピックアップ!

2018年02月20日

RB26を搭載したハイパワー4WDのスカイラインGT-R。その中でも一部から熱狂的な支持を受けているR33型GT-R。R33GT-Rのカスタムは、チューニ...

セルシオカスタムの参考に!ローダウンやエアロパーツ、VIPカスタムを紹介!

2018年02月11日

VIPカーのカスタムベースとして大人気の高級車セルシオ。今回はそんなセルシオのカスタム例をCARTUNEユーザーの投稿から厳選してご紹介します。

愛車のカスタムの参考に!外装から内装までのカスタム例~オデッセイ編

2018年01月10日

オデッセイはスタイリッシュなミニバンとしてホンダが販売している自信作です。特に3代目、4代目オデッセイはミニバンとしては車高が低いため、スポーティーなデザ...

ランサーエボリューションⅧ(CT9A型)を徹底解説!その隠れた魅力を解き明かします!

2018年09月07日

今回はランサーエボリューションシリーズの8代目、ランサーエボリューションⅧを紹介します。ランサーエボリューションⅧといえば、開口部の狭いフロントグリルゆえ...

人気のミニバン、ヴォクシーのホイールを徹底解説!ヴォクシーのホイールに迷ってる方、必見です

2018年09月13日

これまで実用性一辺倒だったミニバンも、昨今はスタイリングも重視し、非常にカッコよくなりました。トヨタが販売しているヴォクシーは、ミニバンの中で特に高い人気...

新着のカスタム記事

ワックス入りカーシャンプって使うべき?使うべきでない?ワックス入りのカーシャンプーのおすすめも紹介します!

2018年09月20日

洗車とコーティングが一度にできれば楽だけど、使うのはためらっちゃうワックス入りカーシャンプー。この記事では、ワックス入りカーシャンプ―のメリット・デメリッ...

VIPカスタムの世界へようこそ!日産の高級セダン、Y51型フーガのカスタム例を紹介します!

2018年09月20日

今回は、日産の高級セダンY51型フーガを紹介します。フーガの特徴や他車との比較も行います。また、高級車らしい威厳と迫力のあるカスタムの数々をお届けしますの...

ちいさくてかわいい軽自動車!今人気の軽自動車のランキングを紹介!

2018年09月19日

今人気急上昇の軽自動車を紹介。メリットや人気の軽自動車ランキングを紹介していきます。

大人の4WDスポーツセダン、BL型レガシィB4の情報を徹底解説!スペックから他車比較、カスタム例も!

2018年09月18日

インプレッサ譲りの高性能と世界の高級セダン達とも互角に渡り合える高級感を併せ持つ4WDスポーツセダン、レガシィB4。そのレガシィB4の中でも初の3ナンバー...

デミオのホイールに迷っている方必見!型式別にデミオのおすすめホイールを紹介するよ!

2018年09月10日

「スカイアクティブ・テクノロジー」や「魂動デザイン」などを採用した、マツダの次世代商品群が発売して早くも6年が経過しました。初代CX-5の発売以降、とても...