おすすめタイヤを紹介!賢く選んで損をしないために
    CARTUNE
  • Apple storeのロゴ
  • Google play storeのロゴ

2018年06月11日 (更新:2018年06月15日)

おすすめタイヤを紹介!賢く選んで損をしないために

目次

  1. おすすめの低燃費タイヤ
  2. おすすめの冬タイヤ
  3. おすすめの夏タイヤ
  4. まとめ

おすすめの低燃費タイヤ

GOODYEAR(グッドイヤー) 低燃費タイヤ EAGLE F1 ASYMMETRIC 3 245/35R19 93Y XL


GOODYEAR(グッドイヤー) 低燃費タイヤ EAGLE F1 ASYMMETRIC 3 245/35R19 93Y XL

世界的人気のタイヤメーカー「グッドイヤー」が製造販売している低燃費タイヤです。トレッド左右をS字にすることで、ブロック集合体がトレッドの剛性をアップさせます。設置形状を最適化させることにより、偏摩耗を抑制しています。

ハイパフォーマンスという言葉がよく似合うように、値段や静粛性、質感のバランスが非常に取れています。グリーン購入法の適合商品ですが、グリップ性能が110以上でなおかつ転がり抵抗が9.0以下の低燃費タイヤとして認められています。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 155/65R14 75S


ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 155/65R14 75S

低燃費タイヤのジャンルでベストセラーのタイヤです。世界のブリヂストンと言われるまでに成長し、低燃費タイヤにおいても「走る、曲がる、止まる、支える」の性能に特化しています。軽自動車からコンパクトカー、セダンなどさまざまな車種に対応しているタイヤです。

これまでの転がり抵抗を軽減し、低燃費性能を向上させることに成功させています。抜群の安定感や信頼性、走行中のノイズなどもありません。一般的なタイヤとの違いも少なく、低燃費タイヤであることを忘れるほどです。

ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ BluEarth AE-01F 175/65R15 84S


ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ BluEarth AE-01F 175/65R15 84S

世界的に人気のタイヤメーカーヨコハマが製造している低燃費タイヤです。低燃費タイヤでありがちな硬さはなく、トレッドのゲージもあります。プロファイルのパターンノイズにおいても吸収力が高いのが特徴です。大きな段差があってもショックが軽減されます。

ハンドリング性能も高く、乾燥路や湿った道路、コーナーリングもストレスなく走行できます。世界が認める最高グレードの低燃費性であり、ロングライフを実現しています。柔軟性にも優れています。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 195/65R15 91S


ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 195/65R15 91S

ブリヂストンが製造している低燃費タイヤです。JATMAが認めたグレーディングシステムでなおかつ低燃費と安全性が一定基準をクリアしているタイヤになります。すべてにおいて高い次元の性能を兼ね揃えており、静粛性や乗り心地、運動性能などにも優れています。

想像以上の性能の高さにユーザーの口コミ評価が高いのも特徴です。雨の日の道路でも乾燥した道路でも高いグリップ性能で走行できます。ブリヂストンという大手メーカーが製造しているタイヤなので、他のタイヤにはない安心感もあります。

おすすめの冬タイヤ

PIRELLI(ピレリ) スタッドレスタイヤ ICE ASIMMETRICO 195/65R15 91Q


PIRELLI(ピレリ) スタッドレスタイヤ ICE ASIMMETRICO 195/65R15 91Q

ピレリは海外のタイヤメーカーで、コスパに優れたタイヤとして高い人気があります。この商品は氷上のハンドリングやブレーキ性能を重視しているのが特徴です。ドライやウェットの両路面において接地が最適化になるように配分されています。

ブロックは路面に対してトレッド面が均一になるようにソフトコアブロックが用いられています。他にもインスタントグリップを施すことやエッジポケットで雪をつかむ技術が駆使されています。雪の多い地域でも安心です。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ W300 145R12 6PR


ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ W300 145R12 6PR

ブリヂストンが製造している軽商用車に適応しているスタッドレスタイヤです。雪道や氷上でも安定して走行性能を発揮し、雪が多い地域のスタッドレスタイヤとして重宝されています。

スタッドレスタイヤとしての性能はもちろん、ウェット性能やドライ性能、乗り心地など雪道以外の走行性能も一定水準以上を保っています。世界的人気のブリヂストンのタイヤということで人気があります。

DUNLOP(ダンロップ) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 01 (ウィンターマックス) WM01 175/65R15


DUNLOP(ダンロップ) スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 01 (ウィンターマックス) WM01 175/65R15

ダンロップ独自の技術のミウラ折りサイプのサイプ幅を25%細かくした新ミウラ折りサイプ採用が導入されています。エッジ成分が増加したシャープエッジがアイスバーンを引っかいてブレーキ性能を高めています。最先端技術の技術が駆使されているスタッドレスタイヤとして人気です。ナノフィットゴムが採用されており、ブロック全体でも高い特性を持っています。ライフ性能も高く、乗用車向けのベーシックスタッドレスタイヤになります。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 155/65R13 73Q


ブリヂストン(BRIDGESTONE) スタッドレスタイヤ BLIZZAK VRX 155/65R13 73Q

アクティブ発泡ゴムが採用されているブリヂストンのスタッドレスタイヤです。発泡ゴムは細かい空気穴を施したゴムで、気泡や親水コーティングで水路に水が入りやすくなっています。路面の水膜を除去し、グリップ力が高いのも特徴です。

非対称パターンが採用され、雪道の走行でブレーキを踏んでもしっかり止まります。接地力をアップしてブロック剛性を向上させて安定した走行性能を保っています。乾いた路面でも問題なく走行できます。

おすすめの夏タイヤ

ファルケン(FALKEN) サマータイヤ SINCERA SN832i 155/65R14 75S


ファルケン(FALKEN) サマータイヤ SINCERA SN832i 155/65R14 75S

海外タイヤメーカーファルケンが製造販売しているサマータイヤです。タイヤとしての性能を維持しながら、CO2を最小限に抑えるエコタイヤとしても人気があります。転がり抵抗を抑えるSINCERA SN832iを開発し、雨に濡れた路面でも安心して走行できます。

またシリカの比率を上げ、ゴムの柔軟性を高めて路面との密着性も向上させています。コーナーリング時の車両の動きも柔軟で操縦安定性もしっかりしているので、カーブが多い山道でも安心です。

GOODYEAR(グッドイヤー) サマータイヤ EAGLE LS2000 Hybrid II 165/55R15 75V


GOODYEAR(グッドイヤー) サマータイヤ EAGLE LS2000 Hybrid II 165/55R15 75V

スタイリッシュなデザインが魅力のグッドイヤーが製造している夏タイヤです。コンフォート性能を維持ながら耐摩耗性能も向上しています。非方向性パターンを導入しているため、回転方向の指定がなく、インサイドやアウトサイズの指定などもありません。

何と言ってもNVRラバーが導入されていることで、ノイズカットと高い静粛性を実現しているのが魅力です。安全性にも優れ、コストパフォーマンスに優れているタイヤになります。

ミシュラン(MICHELIN) 低燃費タイヤ PRIMACY 3 215/60R16 99V XL


ミシュラン(MICHELIN) 低燃費タイヤ PRIMACY 3 215/60R16 99V XL

海外メーカーミシュランが製造しているタイヤです。タイヤの基本性能となる安全性能も高く、低燃費性を実現しているエコタイヤとして人気があります。これまでの高い完成度のエナジーセイバーのパターンはそのままに、コンパウンドや構造が最適化されています。

口コミ評価も高く、多くのユーザーが走行性能やコーナーリング、静粛性に満足しています。ネット通販なので価格も安く、アマゾンならタイヤ取付や交換のサービスも行っているので、 安心です。

ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ BluEarth RV-02 205/60R16 92H


ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ BluEarth RV-02 205/60R16 92H ヨコハマのミニバン用サマータイヤです。燃費、耐摩耗性能、静粛性能、ウェット性能、ドライ性能のすべてにおいてバランスが取れています。新たな基盤コンパウンド技術を用いたナノブレンドゴムが偏摩耗性を可視化しています。

タイヤ全体を軽量化させることで、快適性を向上させています。軽いタイヤだと運動エネルギーも小さくなるので、安定した乗り心地にもつながります。ロングライフ性能で、長期的に車の走行をサポートしてくれます。実際に購入した人の口コミ評価も高いのが特徴です。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?タイヤを製造して販売しているメーカーは多いので、欲しいタイヤやタイプ、予算に応じてタイヤ選びするのがコツです。タイヤは車の性能にも深くかかわるパーツになるので、妥協しないタイヤ選びをしましょう。また、夏タイヤや冬タイヤ、低燃費タイヤなどタイヤのタイプによって選ぶポイントも異なります。店舗に欲しいタイヤが無くても通販サイトならピンポイントに欲しいタイヤが見つかりやすいメリットもあります。事前に情報集めをしておくことも大事です。

人気の車種のカスタム事例を探す