フォレスターとはどんな車?タイヤを長持ちさせる方法・おすすめタイヤ

2018年07月11日

フォレスターとはどんな車?タイヤを長持ちさせる方法・おすすめタイヤ

目次

  1. フォレスターの特徴
  2. タイヤを長持ちさせる方法
  3. フォレスターにおすすめのタイヤ3選
  4. まとめ

フォレスターの特徴

フォレスター愛車紹介の画像
引用元:パンサーさんのフォレスターSG5愛車紹介の画像

スバルのクロスオーバーSUV

フォレスターの特徴の1つに、クロスオーバー車であることが挙げられます。簡単に言えば悪路でも安全に走行できるための技術です。日本は基本的に道路がしっかりと舗装されているので、世界的に見ても安全性が高いと言えるでしょう。しかし、大雨や大雪などによって、道が悪くなってしまうこともあります。中にはきちんと舗装されていない道も存在しているので、このようなところでも安全に走れるのは重要なことでしょう。

雨や雪などで道が滑りやすくなってくれば、スリップ事故も増えてくるので、悪路であっても安全に走れるように製造することは大切なのです。また、車高が若干高めになっているのが一般的なので、視認性が高くなります。車内の空間が広く取れるというのもメリットでしょう。

重心が低いので走行が安定している

フォレスターは他の車に比べて運転しやすいと言われているのですが、その理由は走行が安定していることにあります。走行が安定しているということは、滑りやすい悪路であっても安全に走りやすいということです。

ドライバーをサポートしてくれるX-MODE

最近よく耳にするX-MODEですが、これはタイヤの空転を防ぐために搭載されている技術です。泥まみれの道路にできた水たまりや、凍結した道路などでよく見かける空転ですが、なかなか抜け出せなくて焦ってしまう経験をした人もいるでしょう。しかも後方から車が来れば、より焦ってしまいます。このような状態でもX-MODEが搭載されていれば、エンジンやトランスミッションなどが総合制御され、適切にコントロールされるのです。

タイヤを長持ちさせる方法

フォレスター愛車紹介の画像
引用元:フォレスターに小鳥チューさんのフォレスターSJG愛車紹介の画像

ローテーションを行う

タイヤを定期的にローテーションさせることで、タイヤの内側・外側をバランスよく使うことができ、結果としてタイヤを長持ちさせることができます。ローテーションはDIYでも可能ですが、道具を用意するのが大変なため、タイヤ業者で頼むのをおすすめします。その際、バランス調整も定期的に実施しましょう。

空気圧のチェックを定期的に行う

タイヤを少しでも長持ちさせたいのであれば、空気圧のチェックは必ず行う必要があるでしょう。空気圧は高すぎるとパンクの原因や衝撃を吸収しにくくなりますし、低すぎると安定感がなくなり、車体への衝撃を吸収できなくなります。よって適切な空気圧を維持することで、タイヤをより長く使うことができるのです。定期的にチェックをしておくようにしましょう。

フォレスターにおすすめのタイヤ3選

スバルフォレスターに使用するタイヤの中で、いくつかおすすめの物が存在しています。特におすすめの3種類のタイヤを見ていきましょう。フォレスターに乗っている人は参考にしてみてください。

GOODYEAR(グッドイヤー) サマータイヤ EAGLE REVSPEC RS-02 245/40R18 93W


GOODYEAR(グッドイヤー) サマータイヤ EAGLE REVSPEC RS-02 245/40R18 93W

左右対称になっているタイプのタイヤなので、インサイドやアウトサイドなどを気にすることなく使用できます。スタンダードなタイプなのですが、どのような場面でも快適に使用できるタイヤとしても知られているのです。

ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ BluEarth-A AE50 235/50R18 97W


ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ BluEarth-A AE50 235/50R18 97W

低燃費のタイヤとして知られており、フォレスター以外の車に使用する人もたくさんいます。ウェット性能にも優れているので、悪路でも安心して走行することができるでしょう。安全性も高い種類のタイヤなのです。

ダンロップ(DUNLOP) サマータイヤ ENASAVE RV504 225/55R18 98V


ダンロップ(DUNLOP) サマータイヤ ENASAVE RV504 225/55R18 98V

低燃費グレードAAの優れた低燃費性能で燃費がよくなっているのが特徴ですが、それだけではありません。 優れた耐摩耗・耐偏摩耗性能のため長寿命で経済性もよいおすすめの一品となっています。

まとめ

フォレスター愛車紹介の画像
引用元:ちひろさんのフォレスター愛車紹介の画像

いかがでしたか?フォレスターはスバルでは珍しいSUVの車。走り好きの方におすすめのSUV車の一つです。フォレスターにおすすめのタイヤ、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連するカスタム解説記事

国内最速SUV、フォレスターのカスタム事例紹介!

2018年01月24日

フォレスターは、スバル社のアイデンティティといえる縦置き水平対向エンジンと四輪駆動を組み合わせる「シンメトリカルAWD」が採用されています。現在のモデルで...

タイヤの適正な空気圧と適切な対応方法について

2018年07月10日

タイヤの空気圧は定期的に確認しなければバーストの理由になってしまいます。もし、タイヤが安定しない、などの不安があれば、早期のチェックをおすすめいたします。...

プリウスのエアロカスタム!十人十色、エアロで決めたカスタムプリウスたち!

2017年12月21日

皆さん、プリウスにどんなイメージをお持ちですか?燃費の良いエコカー?環境にやさしい?いえいえ、プリウスはカスタムカーとしてもアツい車。今回はユーザーさんの...

ブリヂストンのデューラーとはどんなタイヤ?気になる評判&口コミとは?

2018年07月03日

ブリヂストンが製造販売しているタイヤの一つにデューラーがあります。SUVに特化しているタイヤで、多くのユーザーから高い支持を得ています。世界的に有名なブリ...

通販を利用してタイヤの購入の是非と注意点

2018年07月10日

この記事では、ネット通販を利用してタイヤを購入する際の注意点について解説します!

ワゴンR(MH21S)の情報を徹底紹介!スペックの紹介や、ライバルダイハツ・ムーヴとの徹底比較、カスタム例紹介!

2018年05月29日

ワゴンRといえばスズキの軽自動車のフラグシップ。背の高いボディと、シンプルかつ洗練されたデザインが特徴的です。またパーツの豊富さや、ターボグレードが存在し...

さらばSR20エンジン!SR20エンジン搭載・S14シルビア、2JZエンジン換装前にパイクスピークで走り納め

2018年03月02日

S14・シルビアが自由の国アメリカで生まれ変わる!その前にアメリカの名所、パイクスピークでラストラン!急なハプニングも起こる中、めちゃくちゃ広い大地で、シ...

ブリヂストンのタイヤの価格はどれくらい?

2018年05月02日

世界のブリヂストンと言われているように、ブリヂストンは国内のみならず海外の人気も高いタイヤメーカーです。ブリヂストンのタイヤは、ドライバーが安心、安全に走...

プリウスのオイル交換時期や走行距離は?交換費用についてもご紹介!

2018年04月06日

低燃費でエコな車として知られているプリウス。乗り始めてしばらくたって気になるのが、オイル交換のタイミング。今回はプリウスのオイル交換時期や走行距離、交換費...

トヨタ・プリウス(3代目、30系)を編集部が徹底紹介!スペックから他車比較、カスタム例も!

2018年04月26日

夢のハイブリット車として1997年に初代がデビューし根強い人気のトヨタ・プリウス。その中でも特に人気の3代目、30系をグレード別のスペックから気になるあの...

新着のカスタム記事

大人の4WDスポーツセダン、BL型レガシィB4の情報を徹底解説!スペックから他車比較、カスタム例も!

2018年09月18日

インプレッサ譲りの高性能と世界の高級セダン達とも互角に渡り合える高級感を併せ持つ4WDスポーツセダン、レガシィB4。そのレガシィB4の中でも初の3ナンバー...

人気のミニバン、ヴォクシーのホイールを徹底解説!ヴォクシーのホイールに迷ってる方、必見です

2018年09月13日

これまで実用性一辺倒だったミニバンも、昨今はスタイリングも重視し、非常にカッコよくなりました。トヨタが販売しているヴォクシーは、ミニバンの中で特に高い人気...

デミオのホイールに迷っている方必見!型式別にデミオのおすすめホイールを紹介するよ!

2018年09月10日

「スカイアクティブ・テクノロジー」や「魂動デザイン」などを採用した、マツダの次世代商品群が発売して早くも6年が経過しました。初代CX-5の発売以降、とても...

ランクルプラドに似合うホイールを徹底解説!プラドの型式別に似合うホイールを紹介するよ!

2018年09月10日

本家ランドクルーザー譲りの圧倒的な悪路走破性と、高級SUVのラグジュアリー制を両立しているトヨタのSUV、ランドクルーザープラド。今回はランドクルーザープ...

ランサーエボリューションⅧ(CT9A型)を徹底解説!その隠れた魅力を解き明かします!

2018年09月07日

今回はランサーエボリューションシリーズの8代目、ランサーエボリューションⅧを紹介します。ランサーエボリューションⅧといえば、開口部の狭いフロントグリルゆえ...