インテグラ・タイプR(DC5)ってどんな車?その開発コンセプトやおすすめポイントの紹介から、気になるライバル車とのスペック比較まで!

2018年08月19日

インテグラ・タイプR(DC5)ってどんな車?その開発コンセプトやおすすめポイントの紹介から、気になるライバル車とのスペック比較まで!

インテグラ・タイプR(DC5)は最後のインテグラ・タイプRシリーズです。たくさんのドライバーを、その脅威的なVTECエンジンとFFとは思えないハンドリング性能で、魅了したインテグラタイプR。その最後のモデルであるインテグラ・タイプR(DC5)は一体どんな車なのでしょうか?今回はインテグラ・タイプR(DC5)の魅力やライバル車種との性能比較、そしてカスタム紹介をしていきます!

インテグラ・タイプR(DC5)ってどんな車?

インテグラ・タイプR(DC5)はインテグラ・タイプRシリーズの2代目にして最後のモデルです。初代インテグラ・タイプRは1995年に誕生しました。インテグラをベースとしたタイプRモデルは、非常にスパルタンな車として仕上がっており、多くのドライバーの心をつかみ人気車種となりました。またその性能は、とてつもなく、同クラス(2000cc)のFF車を圧倒する速さを、サーキットやジムカーナ、ダートトライアル等の競技で見せつけました。

引用元:playdrive
インテグラ・タイプRはいまだにジムカーナなどの競技で活躍しています。

二代目、インテグラ・タイプR(DC5)は初代インテグラの良さを継いだ車となっています。新型のシャシーに新型のエンジンを搭載したこの車は、よりパワフルなエンジンと、それを受け止めるより大型化したボディにより、より力強い車となっています。初代インテグラ・タイプRが5ナンバーであったのに対して、インテグラ・タイプR(DC5)は3ナンバーと大型化しています。

インテグラ・タイプR(DC5)のおすすめポイント!

エンジン

初代インテグラ・タイプRはB18Cエンジン(1800cc)を搭載していました。VTECを採用したこのエンジンは高回転域のパワーがすごく、それがまた人気を博しました。インテグラ・タイプR(DC5)はB18Cに代わり新たなエンジンを搭載。新たに搭載されたK20型エンジンは2000ccのエンジン。初代から約20馬力アップの220馬力を実現します。

実際に運転してみると、その力強さが分かります。特に高速などではパワフルなトルクにより、6速からでもグングン加速していきます。

内装

インテグラ・タイプRの内装はとてもシンプルで機能的です。まずシートに座って最初に目につくのは、4連ホワイトメーター。このホワイトメーターはタイプR専用となっています。レッドゾーンが8200回転から始まり、スピードメーターには"Type R"の文字が刻印されています。

シフトノブは初代インテグラ・タイプRと同様のチタン製シフトノブ。ちょうど良い重量感があり、それほど大きな力を加えずとも、シフト操作が可能です。しかし、夏場、日差しにこのシフトノブを晒しておくと大変なことになります。熱くなりすぎて、触れないことがしばしば発生します。

引用元:Honda
とても機能的なデザインとなっています

ここまで内装の話をしてきましたが、私のDC5の一番の内装におけるおすすめポイントは、シートです。RECARO社製のこのシートなのですが、ホールド感が抜群なうえに、長距離ドライブの際も腰が疲れません。フルバケットシートのようなホールド感を持ちながら、チルト機能も備えているため、使い勝手も非常に良いです。

欠点があるとすると、4点ベルトを通すシート上部の穴。背が低いドライバーだと頭がちょうどプラスチックの穴部分に当たることがあるかもしれません。ちなみにインテグラ・タイプR(DC5)にはリアシートもありますが、乗り心地や広さ等はまずまずです。

引用元:Honda
RECARO社製のシートはとても乗り心地がよく、またホールド感も抜群です。

ブレーキ

ブレーキはブレンボ製の対抗4ポッド。初代に比べて大型化した車体を、強力なブレーキで制御します。そのためブレーキの制御力はとても強力。ワインディングや峠ならもちろん、小さいサーキットなら純正のまま走れてしまえます。

引用元:Car Graphic
ブレーキはブレンボ製となっています。

インテグラ・タイプR(DC5)VS トヨタ・セリカ(ZZT230)

今回、インテグラ・タイプR(DC5)と比較するのは、トヨタ・セリカZZT230系)。同じFFで同年代に発売されたスポーティークーペです。セリカ(ZZT230系)の中のトップグレードであるSS-IIは可変バルブタイミング機構(VVTL-i)を備え、そして自然吸気であるという点で、インテグラ・タイプRに非常に似通っています。

ホンダが誇るインテグラ・タイプR(DC5)とトヨタが誇るセリカ(ZZT230系)。両車のスペックを比較してみます!

ボディサイズ・車両重量・最小回転半径比較

インテグラタイプR(DC5)

  • 全長×全幅×全高:4385×1725×1385mm
  • ホイールベース:2570mm
  • 車両重量:1190kg
  • 最小回転半径:5.7m

トヨタ・セリカ(ZZT230系)

  • 全長×全幅×全高:4340×1735×1305mm
  • ホイールベース:2600mm
  • 車両重量:1120kg
  • 最小回転半径:5.2m

上記を見て驚いたのは、重量はさほど変わらないということ。DC5の方がセリカに比べて重いとばかりおもっていました。車も見かけにはよらないということですね。

走行性能比較

インテグラタイプR(DC5)

  • エンジン型式:K20A
  • 最高出力:220ps(162kW)/8000rpm
  • 最大トルク:21.0kg・m(206N・m)/7000rpm
  • 総排気量:1998cc
  • 駆動方式:FF
  • トランスミッション:6MT
  • 10モード/10・15モード燃費:12.4km/リットル

トヨタ・セリカ(ZZT230系)

  • エンジン型式:2ZZ-GE
  • 最高出力:190ps(140kW)/7600rpm
  • 最大トルク:18.4kg・m(180N・m)/6800rpm
  • 総排気量:1795cc
  • 駆動方式:FF
  • トランスミッション:6MT
  • 10モード/10・15モード燃費:13.0km/リットル

このスペック表を見て、気づいたことは両車とも以外と燃費がいいということです。スポーツカーとしては上出来な燃費ではないでしょうか。そんな両車の燃費を比較すると、トヨタ・セリカの方が燃費は良いようです。

もう一つポイントがあるとすると、両車とも「高回転型」ということ。最大出力・最大トルクともに比較的高めに設定されています。エンジンを高く回せば回すほど、速いというスポーティーな仕様に両車とも仕上がっていますね。

編集部からの一言

実は筆者、どちらの車も試乗したことがあります。筆者の好みだと、インテグラ・タイプR(DC5)がおすすめです。以下、その理由を記していきます。

まず一つ目の理由は、走行性能です。アクセルを踏んだ際のレスポンスがDC5の方が鋭い味付けになっています。また上記のスペックの通り、DC5の方がセリカに比べてパワフルなエンジンを搭載しています。より刺激的なドライビングを味わえるのはDC5でしょう。

二つ目の理由は、ドライビング中の疲れにくさです。DC5の方が運転していて、疲れないと筆者は感じました。その大きな要因はシートだと思います。DC5には上記にも述べた通り、RECARO社製のシートが採用されています。セリカの純正シートに比べてホールド性が高く、そして適度な硬さがあり、長距離の運転でも疲れにくい仕様となっています。

以上がインテグラ・タイプR(DC5)をおすすめする理由です。ただセリカ(ZZT230系)も素晴らしい車です。もし両車で迷ったら、自分で乗り比べてみるのも一つの手です。

インテグラ・タイプR(DC5)の編集部イチオシカスタム紹介!

papi's sonさんの ホンダ インテグラタイプR 2004年式 のカスタム事例

自分の投稿みてたらバイクネタばっかり・・・笑。

車ネタは・・・

ちょいちょい修理はしてるものの、特に変化は無しといったところですね(^_^;)

RS★Rのダウンサス(Ti2000じゃない安いの)がヘタりすぎて半年後の車検に通らないので、それまでには足を交換して車高を上げて、溝のないタイヤとフロントのブレーキパッドを交換して・・・って感じです(^-^*)

チューンというよりは維持りかな(^_^;)苦笑。

ちなみに走行163500キロ

健也さんの ホンダ インテグラタイプR 2001年式 のカスタム事例

2001年式のホンダインテグラタイプRです。

なをさんさんの ホンダ インテグラタイプR DC5 のカスタム事例

実はこっそりカーボンボンネットなんですよね。

綾織のボンネットなので、濃いめの色が気に入ってます

ケンタッチャさんの ホンダ インテグラタイプR LA-DC5 2001y のカスタム事例

おわりに

いかがでしたでしょうか。皆さんインテグラ・タイプR(DC5)の魅力にひかれ購入したくなってしまったのではないでしょうか!?CARTUNEではユーザーによるカスタム画像がたくさん投稿されています。もしよければ他のインテグラ・タイプRカスタムものぞいてみていってください!

関連するカスタム解説記事

孤高のFFスポーツカー、インテグラ(DC2)の情報を徹底解説!スペックから他車比較、カスタム例も!

2018年08月02日

生産終了から年月が経過した今でも熱狂的な人気を持ち続けている孤高のFFスポーティカー、インテグラ。そのインテグラの中でも2代目モデルとなるのがDC2型イン...

日本の誇る、FFライトウエイトスポーツ!インテグラTypeR(DC2)のカスタム例紹介

2018年01月17日

日本の誇るFFライトウエイトスポーツのインテグラTypeRは、もはや名車となりつつあります。そんなインテグラTypeRのエアロカスタム事例を紹介していきた...

ホイール交換で印象を変えよう!インテグラのホイールカスタム

2018年01月13日

ホイールを変えると、車の印象は大きく変わります。ホイールの色やデザインによって、他のインテグラとは違った味を出すことも可能です。今回はDC系インテグラの各...

ハロゲンとはどんな電球?自動車用ハロゲンランプの特徴・人気アイテム

2018年07月09日

この記事では、ハロゲンとはどんな電球なのかという基礎的な情報から、現在の自動車に使用されているハロゲンランプの特徴、自分の車に付いている純正のハロゲンラン...

スタッドレスタイヤの値段!少しでもお得に買うために

2018年05月31日

雪道を走行する時や、凍結した道路を走行する時に必要となるのがスタッドレスタイヤです。スタッドレスタイヤは国内や海外のタイヤメーカーが製造しており、安い値段...

車の錆(サビ)を修理する方法とは?放っておくと悲惨な結末に・・・。車の錆(サビ)今すぐチェックしましょう!

2018年11月07日

長年、おなじ車に乗っていると、気になってくるのが車についた錆。錆は車にとって大敵であり、時に故障の原因となる場合があります。今回は車の大敵である錆びについ...

車のスペックでよく見る「トルク」の意味は?馬力とはどう違う?疑問を解消します!

2018年11月17日

あなたにちょっと難しい質問をします。車のエンジン性能を表す単位で最大トルクという項目がありますが、この「トルク」という意味を知っていますか?「トルク」とは...

ホイールの洗浄方法と必要な道具を一括解説!

2018年08月15日

ホイールはデザインによって細かいところまできれいにするのが難しいのも悩みどころです。 車の中でも高価なパーツですし、きれいに保ってかっこよさを維持したい...

車のタイヤの値段は何で決まっている?タイヤ買い替えの目安を知ろう

2018年05月31日

車を安全に走行するためには車のメンテナンスに加えてタイヤのメンテナンスもとても重要な意味を持ってきます。タイヤの状態に合わせて交換を行って行かないと思わぬ...

ヘッドライトの種類・新しい車検の基準とは?おすすめのヘッドライト

2018年07月10日

車を安全に運転するためにはヘッドライトは大きな意味を持ってきます。このサイトではその特徴を種別ごとに紹介していきます。

新着のカスタム記事

車のバッテリーが上がったらどうすればいいの?。おすすめバッテリーも紹介します。

2018年11月19日

車のバッテリーが上がってしまった、というケースは意外と多いです。この記事ではそんな予期せぬ事態を避ける為の対策や、バッテリーが上がってしまった時の対処法を...

偽物に注意!OMPの偽物ステアリングの見分け方を紹介!

2018年11月18日

チューニングも内装まで及んでくると、ステアリングを交換するという選択肢が出てきます。本記事では、ステアリング購入の際に気を付けたい「偽物」について、その見...

愛車のPCDを知らないと、もしかしたら購入したホイールが装着できない!?PCDについて徹底解説

2018年11月18日

カーショプなどでアルミホイールを購入する時、あるいはチラシ広告でホイールの欄を見るときなど、たびたびPCDという言葉が出てきます。通常は店舗のスタッフにお...

ポルシェ・マカンってどんな車?あのライバル車との比較もします!

2018年11月18日

日本では2014年に発売された、ポルシェ初のコンパクトSUV、マカン。本記事ではそんなポルシェ マカンの特徴やグレード、意外な関係を持つライバル車との比較...

愛車に傷がついてしまった!そんなときは傷消しワックスを使ってみよう!使い方とオススメワックスを紹介します!

2018年11月18日

傷消しワックスとはいっても、どんな傷でも消すことことのできる魔法のワックスではありません。消せる傷の深さはわずかですが、洗車傷などの細かな傷には絶大な効果...