自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

  • 安い自動車保険
  • 自動車保険の滞納3回目で強制解約!?保険料が払えない場合の対処法紹介

自動車保険の滞納3回目で強制解約!?保険料が払えない場合の対処法紹介

「今月口座の残高不足で保険料を払うことができないけど、何かいい方法ないの?」
「今月の保険料の振り込みを忘れてしまったけど、いつまで待ってもらえるの?」

自動車保険は月々の支払いを3回滞納すると、保険を強制解約される可能性があります。強制解約に気づけずに、もし事故でも起こしてしまったら、数千万円の借金を背負うかもしれません。

一度だけの滞納ならまだ間に合うので、慌てず強制解約されないコツを学びましょう。

    滞納について覚えておくべき3つのこと
  • 2ヶ月滞納すると、翌月に保険料を一括請求される
  • 3ヶ月目の支払いが遅れると保険を強制解約される可能性がある
  • 強制解約後は、滞納した分の保険料を請求される

自動車保険は、滞納して強制解約されてしまうと後々大変なことになります。
滞納し、強制解約になるのを避けるためにカードローンを利用するという選択肢があります。

初めてアイフルのカードローンに申し込みをする人は、審査を通過したら最大30日間利息0円で融資を受けることができます。
つまり、借りたお金で保険料を払い、30日以内にアイフルに借りたお金を返済すれば利息がかからず、保険料を支払うことができます。

今月の保険料を払うお金がないという人は、アイフルに申し込むことを検討してみてはどうでしょう。

アイフルでお金を借りる

自動車保険料の滞納で翌月に一括請求?まず最優先にすべきこと

もし自動車保険料の保険料の支払いが遅れていれば、交通事故を起こしてしまっても補償を受け取れないこともあります。

今すぐにでも手を打たないと取り返しのつかないことになりかねません。

自動車保険料を2ヶ月滞納すると強制契約解除の可能性がある

自動車保険料を滞納している間にもし交通事故を起こしてしまったら補償は受け取れるのでしょうか?

実は3ヶ月目までの滞納分の支払いを済ませることができれば、猶予期間の補償は受け取ることができます。(※必ずしもすべてそのようになるわけではありません)

ただし、自動車保険料を滞納すると翌月に滞納分の保険料と月々の保険料が一括請求されてしまいます。

例えば支払いを2ヶ月続けて滞納してしまうと、翌月に3ヶ月分の保険料を一括請求されてしまいます。

もし、これが払えないと強制的に自動車保険の契約が解除されてしまいますし、支払いが完了するまで請求書が届くでしょう。

滞納した支払いを済ませることができないと、そのまま強制解約の可能性もあるので気をつけましょう。

滞納したときにあなたがまずやるべき2つのこと

自動車保険料を滞納している場合、次に挙げる2つのことを守らなければなりません。

①滞納分の自動車保険料は払う前に保険会社に連絡を!

自動車保険料を滞納しても3ヶ月目の滞納までは契約解除されませんが、滞納分の保険料を支払う前に保険会社に連絡しないと契約の更新ができない場合があります。

なぜなら、保険会社としては自動車保険料を支払える経済力と信用のない加入者と取引を行うことはリスクだからです。

保険料を滞納してしまった事情や理由を伝えて保険会社とも信頼関係を構築しましょう。

②自動車保険料を滞納した状態で放置は”絶対”してはいけない

自動車保険料を滞納しても解約されるだけと考えると短期間の滞納状態は一見問題ないようにも見えるため、滞納状態のまま放置される方もいると思いますが、自動車保険会社やその他の信用機関に滞納したという記録が5年間残ります

そのため滞納情報により金融機関から融資を受けることが難しくなりますし、契約時に審査がある場合に悪影響を及ぼしかねません。これが世にいう「ブラックリスト入り」です。

そのことからも、放置せずに滞納分も今後の自動車保険料も可能なかぎり早めに支払いましょう。

保険料を支払うことができない場合はカードローンを利用するという選択肢があります。

アイフルでは初めて利用する人限定で、審査を通過したら最大30日利息0円でお金を借りることができます。

カードローンに申し込む

【期間別】自動車保険料を滞納した後の正しい対処法

ここでは実際に自動車保険料を滞納してしまった後に絶対にやってはいけないことと、滞納した後の正しい対処法をお伝えします。

自動車保険料の滞納が【1~2ヶ月】の場合でもできる2つの対処法

保険料を滞納して1ヶ月、2ヶ月の場合はまだ強制解約にはなりません。そこでどのような対処をすればいいか、保険金はもらえるのかをお伝えします。

対処法①すぐにコンビニや代理店で保険料の支払いを

2ヶ月の滞納では強制的に契約解除にはならず、保険会社から滞納の通知がきて猶予期間になります。

この期間にコンビニか加入の自動車保険の代理店で”絶対に”支払いを済ませましょう。

対処法②保険料がどうしても払えないなら乗りかえて他社で新規契約

自動車保険料が高くどうしても保険料が払えないのであれば、保険料がより安い保険に乗りかえることをおすすめします。

補償内容を少なくしても、滞納することよりは安心ですし、同じ補償内容でももっと自動車保険料が安い保険が見つかるかもしれません。

当サイトでは5分保険会社8社一括見積もりできるサービスを紹介しています。
今より保険料の安い保険会社に申し込みたいのであれば、一括見積もりで探すことをおすすめします。

一括見積もりで安い保険を探す

自動車保険料を【3ヶ月以上】滞納し未払いの場合の3つの対処法

自動車保険料の支払いを3ヶ月滞納してしまうと強制解約になってしまい、最悪の場合は刑事罰に問われることも考えられます。

そこで、どうしても3ヶ月分の保険料を一括で支払えない場合の対処法を3つご紹介いたします。

滞納しても解約よりもまずは自動車保険の中断証明書の発行を

自動車保険料が支払えそうにない場合には、すぐに解約するのではなく、まず一時的に中断証明書で自動車保険を中断しましょう。

なぜ解約より中断かというと、一度契約を強制解除されてしまうと次に新規で自動車保険に加入する場合には今までの等級がリセットされてしまうためです。

解約ではなく中断証明書を活用することで新たに契約する保険料が高くなることを防ぎましょう。

再開の見込みがなければ自動車保険の解約

もし、今の自動車保険の保険料が高すぎて支払いができず、今後自動車保険で再契約しないのであれば自動車保険を「解約」することも可能です。

もちろん、解約をするには未払い分の保険料はきちんと支払わなければなりませんし、強制解約の場合は等級の引き継ぎもできません。

7等級以上だと絶対に等級を引き継いだ方が保険料は安くなりますので、解約してしまっても7日以内であれば、新しく保険を申し込んでも今までの等級を引き継ぐことができます。

現在加入している自動車保険を解約

自動車保険料を滞納してしまうと無保険となり、補償金が億単位で必要になる場合もあります。また、3ヶ月分を一度に請求された場合に支払いができない可能性も高まります。

そうなる前に自動車保険料を見直し、少しでも安い契約に変えることで保険料の支払いの負担を減らすことができます。

また、保険を乗りかえた後も等級はそのまま引き続き利用できるので、自動車保険料の節約につながります。

当サイトでは、通販型の保険会社8社を5分で無料一括見積もりできるサービスを紹介しています。
より安い保険会社を探しているのであれば、一度利用してみるとよいでしょう。

無料一括見積もりする

自動車保険料の滞納を長引かせずに未納分を無理なく支払う唯一の方法

滞納してしまった自動車保険料を、無理せずに一括で支払うための方法をご紹介します。

カードローンで滞納の負担を減らせる理由

当サイトがご紹介しているアイフルのカードローンは、以下の理由から、自動車保険料の滞納で苦労されているドライバーの皆さまからご支持をいただいています。

返済の負担が抑えられる

当サイトがご紹介しているのはカードローンなので、クレジットカードの割高な金利で支払うよりも安く利用することもできます。

自動車保険料を滞納した原因が分割払いの場合の対処法

自動車保険料を滞納した原因が「月々の支払いでお金がなくなり保険料が支払えない!」なんてことはありませんか?さらに無理のある分割払いを利用しているならそれは危険です。

いつまでたっても支払いが終わらず、保険料が払える日はきません。ここではそのような方には特にカードローンなどをおすすめしています。

カードローンに申し込む

負担の少ない自動車保険を見つけるには一括見積もりサイトで比較

保険料の負担を減らすために自動車保険料を比較するには一括見積もりサイトがおすすめです。

電話営業を受けることなく、簡単に複数の保険会社の保険内容と金額を無料で比較することができます。

一括見積もりサイトでおすすめするのは「価格.com」です。
当サイトでは「価格.com」の一括見積もりを紹介しています。

「価格.com」の一括見積もりをおすすめする理由は以下の3点です。

  • 入力時間が最短5分
  • 無料で最大8社の見積もりが一度にできる
  • 抽選で家電製品が当たる

こちらのサイトで自動車保険の見積もりをまとめて取り、自動車保険料滞納の心配のない安い自動車保険を探しましょう。

価格.comで一括見積もりをする

まとめ

  • 滞納した支払いを済ませることができないとそのまま強制契約解除
  • 自動車保険料を2ヶ月滞納すると強制契約解除の可能性がある
  • 信用機関に滞納したという記録が5年間残る
  • 中断証明書を取得し自動車保険を中断する
  • 払い続けるのが苦しいときは解約も考える
  • 一括見積もりで最安値を見つけたうえで乗りかえる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

自動車保険の人気記事

【18・19・20歳・学生向け】安い自動車保険に入るための方法

自動車保険で子どもが補償範囲内でも安くするポイントと見直すべき補償内容

車両保険金額の目安はいくら?設定金額の決め方を紹介

車両保険が必要か・外すかの判断基準と車両保険つきで安い保険の探し方

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法