自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

自動車保険の見直しタイミングはいつ?見直しポイント3つ紹介!

自動車保険見直しは補償内容や特約で保険料が安くなるアイキャッチ画像
今加入中の自動車保険を見直して保険料を節約したいけど、見直しのポイントがわからない⋯
保険会社を見直したいから、今より保険料が安くなるおすすめの保険会社を教えてほしい!

自動車保険の見直しをする際の重要なポイントは以下の3つです。

    見直しのポイント3つ

  • 見直しのタイミング(時期)
  • 補償内容や付帯サービスの見直し
  • 代理店型と通販型の比較

また自動車保険会社の見直しをする際に、通販型の保険会社の保険料の目安を知りたい人は価格.comの一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。

    おすすめの理由

  • 自分に合った保険会社を探せる
  • 一度に8社見積もりをとることができる
  • 保険会社による営業がない
  • 一括見積もりで豪華家電が当たる
価格.comの一括見積もり

この記事では見直しのポイントだけでなく、保険会社の乗り換えのタイミングについても紹介しています。

自動車保険の見直しをする際のポイント

自動車保険の見直しをするにあたって、重要なポイント3つを紹介します。

    重要なポイント

  • 見直しのタイミング(時期)
  • 補償内容や付帯サービスの見直し
  • 代理店型と通販型の比較

それぞれ詳しく説明していきます。

ポイント1:見直しのタイミング(時期)

自動車保険の最適な見直しタイミングは大きく分けて3つあります。

    見直しのタイミング

  • 契約更新のタイミング
  • 新車を買ったタイミング
  • ライフスタイルが変化したタイミング

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1、契約更新のタイミング

一年契約で自動車保険に加入している人は、自動車保険の更新時期に契約内容を確かめて、現在の運転状況に補償内容が合っているか確認しましょう。
また、保険期間中に運転免許証の色がゴールドになった場合は更新のときに忘れずに申告をしましょう。

2、車を買い替えたタイミング

今まで乗っていた車を手放す場合、契約中の期間無事故であれば、その車の等級を乗り換える車に引き継がせることができます。
ただし、納車日までに手続きを行わなければいけません。

3、ライフスタイルが変化したタイミング

  • 通勤状況が変わった
  • 転勤や転職をきっかけに、通勤手段が変わった場合は見直しのタイミングです。契約更新時に年間走行距離や使用目的に変化があったことを申告することで保険料を節約できるかもしれません。

  • 運転者の範囲が変わった
  • 例えば、結婚を機に「本人、配偶者特約」に変更したり、子どもが独立して契約中の車を利用しなくなった場合は「家族限定特約」から「本人限定特約」や「本人、配偶者特約」に変更することで保険料を節約することができます

    ポイント2:補償内容や付帯サービスの見直し

    今の補償内容や付帯サービスを見直しする際に着目してほしいポイントを紹介します。着目すべきポイントは以下の5つです。

      補償内容や付帯サービスの見直しポイント5つ

    • 車両保険の見直し
    • 年齢条件の見直し
    • 運転者範囲の見直し
    • 用途、使用目的の見直し
    • 走行距離の見直し

    それでは、1つずつポイントを解説していきます。

    1、車両保険を見直す

    車両保険には一般的に「一般型」と「エコノミー型」があります。

    「一般型」は「エコノミー型」に比べ補償内容が大きいため、エコノミー型より保険料が高くなります。

    実際に「一般型」と「エコノミー型」ではどのくらい保険料が変わってくるのか見積もりをとってみました。

    今回は損保ジャパンとソニー損保を例に挙げました。

    見積保険料を算出した条件は以下のとおりです。
    • 性別-男性
    • 年齢-36歳(1986年1月1日生まれ)
    • 婚姻状況-既婚
    • 車種-トヨタ プリウス(ZVW50)
    • 初度登録年数-2021年9月
    • 保険始期日-2022年5月1日
    • 予定年間走行距離-7,000km以下
    • 事故有係数適用期間-0年(事故無)
    • 免許証の色-ゴールド
    • 運転者限定範囲-本人と配偶者
    • 使用目的-通勤・通学
    • 保険証券-発行する
    • 等級-6等級
    • 見積時期-2021年4月
    • 補償内容-
      対人賠償保険金額:無制限
      対物賠償保険金額:無制限
      搭乗者傷害保険金額:1,000万
      人身傷害保険金額:3,000万円(車内のみ補償型)
    • 車両保険:有(200万円)
      免責金額5万円(1回目)
    • 補償内容-弁護士特約(自動車事故のみ)
    • セカンドカー割引-適用無し
    保険会社 一般型(年間保険料) エコノミー型(年間保険料)
    損保ジャパン 126,530円 105,960円
    ソニー損保 85,380円 64,320円

    一般型からエコノミー型に変更すると約20,000円安くなります。

    また、同じ補償内容でも保険会社によって保険料も変わってくるので保険会社を見直してみてもよいかもしれませんね。

    当サイトでは保険会社8社を5分で一括見積もりできるサービスを紹介しています。

    一括見積もりをする

    車両保険の免責金額の設定

    自動車保険 免責

    また、車両保険の免責金額(自己負担額)を設定することで保険料を節約することができます。

    免責金額とはすべて保険でまかなうのではなく、修理代の一部を自己負担するという考え方です。

    例えば、事故によって50万円の修理費用が発生し免責金額を5万円で設定していた場合は、自己負担額は5万円で残りの45万円は保険会社が保険料として支払います。

    免責金額を設定することで事故の場合の自己負担は発生しますが、年間の保険料は安く抑えることができます。

    2、運転者の年齢条件を見直す

    契約中の自動車を運転する人に合わせて年齢条件を設定することで保険料が割引されます。

    年齢条件には、「年齢を問わず補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」のような区分があり、保険会社によって「30歳以上補償」「35歳以上補償」などもあります。

    年齢条件は契約している自動車を運転する1番若い人の年齢に合わせて設定します。

    記名被保険者(補償を受けられる人)の別居の未婚の子や知人、友人などは年齢条件の設定があったとしても年齢に問わず補償を受けられます。

    実際に年齢条件を設定すると保険料がどのくらい安くなるのか見ていきましょう。今回は損保ジャパンとソニー損保を例に挙げてみました。

    見積保険料を算出した条件は以下のとおりです。
    • 性別-男性
    • 年齢-36歳(1986年1月1日生まれ)
    • 婚姻状況-既婚
    • 車種-トヨタ プリウス(ZVW50)
    • 初度登録年数-2021年9月
    • 保険始期日-2022年5月1日
    • 予定年間走行距離-7,000km以下
    • 事故有係数適用期間-0年(事故無)
    • 免許証の色-ゴールド
    • 使用目的-通勤・通学
    • 保険証券-発行する
    • 等級-6等級
    • 見積時期-2022年4月
    • 補償内容-
      対人賠償保険金額:無制限
      対物賠償保険金額:無制限
      搭乗者傷害保険金額:1,000万
      人身傷害保険金額:3,000万円(車内のみ補償型)
    • 車両保険:有(一般型200万円)
      免責金額5万円(1回目)
    • 補償内容-弁護士特約(自動車事故のみ)
    • セカンドカー割引-適用無し
    年齢条件 損保ジャパン保険料(年間保険料) ソニー損保保険料(年間保険料)
    35歳or30歳以上補償 126,530円 85,380円
    26歳以上補償 150,630円 92,820円
    21歳以上補償 194,700円 151,800円
    年齢を問わず補償 303,310円 164,660円

    損保ジャパン(代理店)もソニー損保(通販型)の場合も、年齢が上がるほど保険料の割引率が大きくなることがわかりました。

    車を運転する人の中で1番若い年齢の人が、21歳/26歳/30歳/35歳になったタイミングで運転者の年齢条件を引き上げるといいでしょう。

    また、損保ジャパン(代理店)とソニー損保(通販型)の保険料を比較してもわかるように、通販型は代理店型に比べ保険料が安くなる傾向にあります。

    その理由は、代理店型は保険料に代理店手数料が含まれるのに対して、通販型は含まれないためです。

    通販型の保険会社の保険料の目安を知りたいなら、一括見積もりを利用することををおすすめします。価格.comの一括見積もりでは、通販型の自動車保険会社8社を約5分で一括見積もりすることができます。

    一括見積もりする

    3、運転者範囲を見直す

    運転者範囲とは運転者限定特約で契約中の自動車の運転をできる人を限定することを指します。

    運転者限定特約には以下の4つの種類があります。

    • 本人限定特約⋯記名被保険者のみが補償対象
    • 本人、配偶者限定特約⋯記名被保険者/配偶者が補償対象
    • 家族限定特約⋯記名被保険者/配偶者/同居の親族/別居の未婚の子が補償対象
    • 運転者限定なし⋯全ての人が補償対象

    運転者の限定範囲が小さくなるほど保険料は安くなります。

    4、用途、使用目的を見直す

    自動車保険における使用目的はおもに3パターンあります。

    • 業務使用…業務に使用(年間を通じて、週5日以上または月15日以上)
    • 通学、通勤使用…通勤/通学に使用(年間を通じて、週5日以上または月15日以上)
    • 日常、レジャー使用…上記に該当しない場合

    目的によって運転機会や走行距離が異なってきます。そのため、使用目的にともない保険料も異なってきます。

    運転機会や走行距離の多い「業務使用」が一番事故リスクが高いとされ保険料が高いです。

    その次に「通勤、通学用」となり、一番保険料が安いのが「日常、レジャー使用」となります。

    5、走行距離を見直す

    保険会社によっては、年間の走行距離を保険料の算出の基準としているところもあります。

    走行距離に応じた保険料の考え方は以下のとおりです。

    • 年間走行距離が短い人…保険料が安い
    • 年間走行距離が長い人…保険料が高い

    そのためライフスタイルの変化によって、保険契約時と比較した際に走行距離が短くなっている場合は見直しを行いましょう。

    ポイント3:代理店型と通販型の比較

    自動車保険は大きく分けて「代理店型」と「通販型(ダイレクト型)」があります。

    それぞれの特徴を見ていきましょう。

    通販型 代理店型
    加入方法 インターネットや電話から保険会社と
    直接契約する
    代理店を通して自動車保険に加入
    保険料
  • 代理店の手数料がかからないため代理店型と比べて安い
  • インターネット割引あり
  • 代理店の手数料がかかるため通販型と比べて高い
    事故対応
  • 24時間365日事故受け付け
  • 自分で保険会社の事故サービスセンターに直接連絡する
  • 24時間365日事故受け付け
  • 代理店がサポートに入る
  • 補償内容の
    決め方
  • 自分で調べて決める
  • 代理店の担当者と相談しながら決める
  • 代理店型はおもに保険会社から委託された代理店の店舗で、専任スタッフのサポートを受けながら、対面で契約を行うものです。
    そのため通販型と比較すると少し保険料が高くなりますが、その分細かい相談にも乗ってもらえるので、契約時のサポートを手厚く受けたい人におすすめです。

    一方で通販型(ダイレクト型)は、代理店型と比較して安い保険料で保険を提供していることが特徴です。
    その反面、自分で補償内容を決めたり手続きをしなければいけません。それでも保険料を安く抑えたいという人におすすめです。

    価格.comの一括見積もりサービスを利用すると5分通販型の保険会社8社を同時に一括見積もりすることができます。

    これを機に通販型も検討してみてはいかがでしょうか。

    通販型8社を一括見積もりする

    自動車保険の見直しには一括見積もりを利用するのも一つの方法

    自動車保険の見直しの際に、通販型の保険会社の保険料の目安を知りたい場合は、一括見積もりを利用することをおすすめします。

      おすすめの理由

    • 自分に合った保険会社が5分でわかる
    • 一度に8社見積もりをとることができる
    • 保険会社による営業がない
    • 一括見積もりで豪華家電が当たる

    価格.comの一括見積もりなども利用して自分に合った自動車保険会社を探しましょう。

    価格.comで一括見積もりをする

    自動車保険会社の乗り換えに最適なタイミング

    保険の始期日はいつか

    保険の契約内容の見直しだけではなく、保険会社の見直しを考える際に大切な保険会社乗り換えのタイミングを紹介していきます。

    乗り換えの最適なタイミングは毎年訪れる満期日に合わせた乗り換えです。
    その理由は満期日に乗り換えることによって等級の引き継ぎができるからです。

    当サイトでは自動車保険会社8社を約5分で一括見積もりできるサービスがございます。
    一括見積もりサイトなども利用して、今より安い保険会社を探してみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    この記事をまとめると以下のとおりです。

      補償内容や付帯サービスの見直しポイント5つ

    • 車両保険の見直し
    • 年齢条件の見直し
    • 運転者範囲の見直し
    • 用途、使用目的の見直し
    • 走行距離の見直し

    上記の見直しのポイントを今契約中の保険会社の契約内容と照らし合わせながら見直してみることで、今より保険料を安く抑えられる可能性があります。

    また、契約内容の見直しを機に保険会社も見直してみてはどうでしょうか。
    当サイトで紹介している価格.comの一括見積もりサービスでは一度の入力で通販型自動車保険会社8社5分で一括見積もりできるサービスがあります。

    価格.com

    見積費用 保険会社数 見積依頼時間
    0円 8社 約5分

    一括見積もりしてみる

    カテゴリ一覧

    自動車保険の人気記事

    【18・19・20歳・学生向け】安い自動車保険に入るための方法

    自動車保険で子どもが補償範囲内でも安くするポイントと見直すべき補償内容

    車両保険金額の目安はいくら?設定金額の決め方を紹介

    車両保険が必要か・外すかの判断基準と車両保険つきで安い保険の探し方

    自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法