自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

パート・アルバイトはマイカーローン審査に通る?すぐできる対処法3つ

【マイカーローンの審査に通るための方法】
NO. 方法 おすすめ度
1 保証人をたてる ★★☆☆☆
2 頭金を用意する ★★★★

パート・アルバイト・フリーター・主婦(パート主婦)でもマイカーローンの審査に通る?

パートやアルバイトなど、正社員よりも雇用が不安定な人でもマイカーローンを組むことはできるのでしょうか?

今回は銀行系のマイカーローン、販売店が提供しているディーラー系のマイカーローンについて説明していきます。

銀行系マイカーローンでは、パート・アルバイト等の非正規雇用の審査は厳しい

銀行系マイカーローンをパート・アルバイトの人が申込みした場合、その審査は厳しいことが予想されます。

銀行系マイカーローンの審査のポイント2つです。

    【銀行系マイカーローンの審査ポイント】
  • 安定した収入
  • 傷のない信用情報

この二つの条件を満たしていなければ審査は通りにくいです。

しかし、銀行系の中でもしずぎんのマイカーローンはパートやアルバイトでも利用することができます

それは、年収よりも「年収に対して、無理のない返済プランかどうか」で判断しているためです。

しずぎんマイカーローンの申込条件は下記2つです。

    【しずぎんの申込条件】
  • 申込時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
  • 収入のある方(パート・アルバイト・年金受給者も利用可

銀行系マイカーローン審査ではフリーター・専業主婦はさらに厳しい

同様に、フリーターは仕事が不定で収入が極めて不安定、専業主婦は元々収入がないのが理由で、銀行系マイカーローンの審査はほぼ通りません

もちろん同じ主婦でも「パート主婦」は違います

一定の職場での勤務実績、定期収入があるなど、金融機関の審査の条件を満たすことができれば、審査は受けられます。

しかし一般的にパート主婦の場合は、あくまで主婦がメインで、一般パート・アルバイト以上に賃金が低い場合が多く、銀行系マイカーローンの年収基準を満たせる主婦は少ないと考えます。

パート・アルバイト・フリーターがマイカーローンの審査を受ける前に確認すべきチェックポイント

パート・アルバイト等の非正規雇用者でも一定の審査基準を満たせればマイカーローンを組むことは可能です。

マイカーローンの審査を受ける前に確認すべきチェックポイントを大きく4つのポイントから解説します

    【審査前の確認ポイント4つ】
  • 1.勤続年数:最低でも1年以下だと厳しい
  • 2.年収:前年度の年収が200万以下だと厳しい
  • 3.過去の支払い履歴:過去に3カ月以上の支払い遅延、滞納を繰り返した場合は厳しい
  • 4.他社の借り入れ:年間の返済額が年収の30~35%を超えると厳しい

勤務年数は最低1年以上必要

勤務年数に関しては、正規雇用者、非正規雇用者関係なく、最低1年以上は欲しいと思います。

欲を言えば3年以上勤務してから申込みすることをおすすめします。

勤続年数が1年未満の人がマイカーローンを組むための対処法

前年年収は税込みで200万円ほど必要

最低でも前年度の年収が200万はないと厳しいでしょう。

ただし、会社によっては申込条件として前年度の年収を指定しているところもありますので事前にチェックをしておきましょう。

また、借入金額が大きいほど年収は重要視されます。

年収に自信がない人は借入金額は可能な限り低く設定しましょう。

年収が200万以下の人ができる対処法

過去に支払い遅延などによる「金融塩事故歴」があり、信用情報に傷がある

マイカーローンを審査する場合、信用情報に傷がないことが一番のポイントです。

以下4つのものに当てはまれば金融事故として信用情報に傷がついている可能性があります。

【金融事故の種類】
種類 内容
長期の滞納 3カ月以上支払いが遅れた場合
クレジットカードや各種ローン、奨学金の支払いも含む
債務整理 任意整理・特定調停・自己破産・個人再生などを行った場合
代位弁済 ローンなどの支払いができなくなり、保証会社がかわりに支払いをした場合
強制解約 携帯電話やクレジットカードなどを会社側から強制的に解約された場合

一般的に滞納は、遅延が起こった日から61日以上または3ケ月以上経つと、金融業者から個人信用情報機関に報告され、金融事故として登録されます。

しかし遅延のように、単純に毎月の返済日より後に返済を繰り返しているケースでも、その回数が多い場合は悪質と捉えられて、ローン審査に落ちる場合もあるので注意が必要です。

今回マイカーローンと他の借入含めて返済比率が大きすぎたらNG

一般的に年収の年間返済額に対する返済比率が35%を超えると審査で落ちる確率が高くなり、40%を超えると非常に厳しくなります。

《返済比率とは》

年収に対しての1年間の返済金額の割合

(返済比率(%)=一年間の返済額÷税込み年収×100)

もし自分で計算して返済比率が厳しいようなら、ローン申込額を小さくして返済比率を下げるなどなど、審査に通るための工夫が必要になります。

その他の確認して欲しいチェックポイント

上記以外にも下記のポイントに当てはまるとマイカーローンの審査におちてしまう可能性があります。

    【確認すべきポイント】
  • 1ケ月以内にマイカーローンと他のローン(カードローン等)を同時申込みしていたら要注意
  • 税金の滞納
  • 年収や勤務年数等でウソを申告してをする

年収や勤務年数などで申込書にウソを書いてはダメです。

ウソの行為は申込みした先に信用を落とすばかりか、バレたらその後も長く各種信用取引に悪影響を及ぼすので絶対やってはいけません。

特に銀行は多くの審査経験があり、審査の中で過去の個人取引データをもとに、本人の申告内容の矛盾を突いてきます。

申込者が金融機関の質問者の問いにきちんと答えられないと、ウソや未申告を疑われて審査で落とされます。

パート・アルバイト・フリーター・主婦(含むパート主婦)におすすめのマイカーローンは?

パートやアルバイト、フリーターにおすすめのマイカーローンはしずぎんのマイカーローンです。

しずぎんは年収の金額よりも「年収に対して、無理のない返済プランかどうか」で判断しているためです。

また、銀行系以外でもおすすめのマイカーローンがあります。

銀行系以外のおすすめのマイカーローンについてそれぞれ説明していきます。

パート・アルバイトには審査基準が異なる信販系のマイカーローンがおすすめ

会社によって審査基準は異なりますので銀行系にこだわらず別のマイカーローンを受けてみましょう。

銀行系の審査が厳しくなる要因は「保証会社」を必要とするためです。

《保証会社とは》

ローンの利用者が返済できなくなった場合、利用者に代わって保証会社が各機関へ支払いをおこなうもの

ほとんどの銀行は万が一の場合を考え、保証会社をつけています。

そのため、実際にマイカーローンの審査をおこなうのはこの「保証会社」になります。

保証会社が入ると審査は厳しく、また保証料を取られてしまうためデメリットが大きいです。


フリーター・主婦(パート主婦)にはディーラーのマイカーローンがおすすめ

マイカーローンの審査が厳しい場合、車販売店で利用できるディーラーローンがおすすめです。

ディーラーローンは銀行マイカーローンに比べて審査基準が低く、審査に通りやすくなっています。

ただし、その分デメリットも多くあります

    【ディーラー系マイカーローンのデメリット】
  • 金利が高い
  • 返済期間が銀行・信販系に比べて短い(最長でも7年)
  • 車の名義が自分ではなく、保証会社or販売店名義になる
  • 車購入時に必要な諸経費は現金払いになる(約20~30万程度)

ディーラーローンで審査が緩い理由は、購入する車が担保になっており、車の所有権はローンが終わるまで、ディーラーまたはローンを実施する信販会社が持っています。

そのためディーラー側としても、仮に購入者本人が返済不能になっても、対象の車を市場で売却してローン代金を回収すればいいので、その分、審査基準を低くしてもいいのです。

また、金利も高めのため審査が通りやすくなっています。

これらの理由から、パート・アルバイト等の非正規雇用者でも、ディーラーローンを申込すれば、銀行系マイカーローンと比べても審査通過率が高まっているのです。

くれぐれも審査の判断に大事な個人情報について、ウソの申告や未申告などは止めておきましょう。

どうしても審査に自信がない…パートやアルバイトでもマイカーローン審査に通るための方法

家族の扶養に入っていて、年収が足りない人や他社からの借り入れがある人はどうしたらいいのでしょうか。

そういった人でも審査に通るための方法をご紹介していきます。

頭金を用意し、マイカーローンの借入金額を下げて審査に通りやすくする

マイカーローンの借入額を下げて申込みすれば審査に通りやすくなります

そのためできるだけ全てを借入に頼らず、頭金を用意して車の購入費に充てましょう。

頭金を用意するための唯一の方法

頭金を少しでも用意できれば、借入金額をおさえることができます。

しかし、何十万の金額はすぐに用意できるものでもありません。

もし、できるだけ早くマイカーローンを申し込みたいならカードローンを利用するのも手です。

カードローンの中には即日で融資をしてくれるところもあり、頭金を早く用意することができます。

【即日で融資してくれるカードローン】
会社名 特徴 詳細
【アコム】
アコム
利息は利用日数分だけ
即日融資可能
    【カードローンにはマイナスイメージがある…?】
  • マイカーローンとの違いは金利のみ
  • 借りただけで信用情報に傷がついたりしない
  • 悪質な取り立てをされたりもしない

連帯保証人を立てる

パート・アルバイト・フリーター・主婦等はどうしても信用度が低いので、ディーラーローンで借りる場合、できれば連帯保証人を立てることが審査を通るベストの方法です。

ただし、連帯保証人は

  • 1.申込者本人より安定した仕事に就いて、安定・継続した年収を確保していること>
  • 2.連帯保証人自身、信用情報に傷がないこと
  • 3.できれば連帯保証人が自宅など、評価できる資産を持っていることが望ましい

等の条件を満たしておくことが必要です。

連帯保証人の候補としては、申込者の両親、兄弟、配偶者などが適切と思います。

保証人をたててマイカーローンの審査にとった人の口コミ

信販系マイカーローン
20歳男性 年収106万でも審査に通った!
審査 通過
保証人 アリ
雇用形態 アルバイト
年収 106万
マイカーローンの希望借入額 50万円
金利 15%
未納・未払い なし
勤続年数 2年
保証人 父親
実際(査定後)の借入額 50万円
支払い回数 60回
解説

年収は106万と少なく、雇用形態もアルバイトですが父親を保証人として申請したところ審査に通過。

ただし、今までに未払いや他社の借り入れはありません。

信用情報に問題がなければ保証人をたてて申請をしてみましょう。

使わないカードローン枠やクレジットカード(含むキャッシング枠)があれば事前に解約しておく

マイカーローン申込み前に、もし利用していないカードローンやクレジットカードがあれば、解約して整理しておきましょう。

金融機関でも審査において信用照会で他行のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠も把握しているので、仮にそれらが使われていなくても合計で借入額に加算します。

その結果、返済比率が悪くなるので、マイカーローン審査に悪く影響してきます。

審査対策として、事前に未利用のカードローン・クレジットカード等解約しておくと、返済比率が改善して審査に通りやすくなります。

ネット申込みできる全国の金融機関もマイカーローンの借入候補先に入れる

マイカーローンを取扱いしている金融会社は全国にたくさんあります。

近くの金融機関だけにこだわらず、色々情報を集めて自分に合ったマイカーローン申込み先を探してみましょう。

業態によって審査レベルは異なります。

仮にひとつの金融機関で審査に通らなくても、金融機関を変えることで審査基準を満たせてマイカーローン審査に通ることもあります

あきらめずに色々な金融会社の情報を集めてみて下さい。

パート・アルバイト・フリーター・主婦(パート主婦)がマイカーローンの審査に通るなら4つの項目を確認しておこう!

    【この記事のまとめ】
  • パート・アルバイト・フリーターでもマイカーローンを組むことは可能
  • ただし、条件を満たしておく必要がある
  • 条件は「年収200万以上」「勤続年数1年以上」「他社の借り入れ金額は年収の30~35%以下」「金融事故歴がない
  • どうしてもマイカーローンを組みたいなら「頭金を良いして借り入れ金額を減らす」「連帯保証人をつける」「審査基準が異なるマイカーローンに申し込む
【マイカーローンの審査に通るための方法】
NO. 方法 おすすめ度
1 保証人をたてる ★★☆☆☆
2 頭金を用意する ★★★★

パート・アルバイト・フリーター・主婦(パート主婦)でもマイカーローンの審査に通る?

パートやアルバイトなど、正社員よりも雇用が不安定な人でもマイカーローンを組むことはできるのでしょうか?

今回は銀行系のマイカーローン、販売店が提供しているディーラー系のマイカーローンについて説明していきます。

銀行系マイカーローンでは、パート・アルバイト等の非正規雇用の審査は厳しい

銀行系マイカーローンをパート・アルバイトの人が申込みした場合、その審査は厳しいことが予想されます。

銀行系マイカーローンの審査のポイント2つです。

    【銀行系マイカーローンの審査ポイント】
  • 安定した収入
  • 傷のない信用情報

この二つの条件を満たしていなければ審査は通りにくいです。

しかし、銀行系の中でもしずぎんのマイカーローンはパートやアルバイトでも利用することができます

それは、年収よりも「年収に対して、無理のない返済プランかどうか」で判断しているためです。

しずぎんマイカーローンの申込条件は下記2つです。

    【しずぎんの申込条件】
  • 申込時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
  • 収入のある方(パート・アルバイト・年金受給者も利用可

銀行系マイカーローン審査ではフリーター・専業主婦はさらに厳しい

同様に、フリーターは仕事が不定で収入が極めて不安定、専業主婦は元々収入がないのが理由で、銀行系マイカーローンの審査はほぼ通りません

もちろん同じ主婦でも「パート主婦」は違います

一定の職場での勤務実績、定期収入があるなど、金融機関の審査の条件を満たすことができれば、審査は受けられます。

しかし一般的にパート主婦の場合は、あくまで主婦がメインで、一般パート・アルバイト以上に賃金が低い場合が多く、銀行系マイカーローンの年収基準を満たせる主婦は少ないと考えます。

パート・アルバイト・フリーターがマイカーローンの審査を受ける前に確認すべきチェックポイント

パート・アルバイト等の非正規雇用者でも一定の審査基準を満たせればマイカーローンを組むことは可能です。

マイカーローンの審査を受ける前に確認すべきチェックポイントを大きく4つのポイントから解説します

    【審査前の確認ポイント4つ】
  • 1.勤続年数:最低でも1年以下だと厳しい
  • 2.年収:前年度の年収が200万以下だと厳しい
  • 3.過去の支払い履歴:過去に3カ月以上の支払い遅延、滞納を繰り返した場合は厳しい
  • 4.他社の借り入れ:年間の返済額が年収の30~35%を超えると厳しい

勤務年数は最低1年以上必要

勤務年数に関しては、正規雇用者、非正規雇用者関係なく、最低1年以上は欲しいと思います。

欲を言えば3年以上勤務してから申込みすることをおすすめします。

勤続年数が1年未満の人がマイカーローンを組むための対処法

前年年収は税込みで200万円ほど必要

最低でも前年度の年収が200万はないと厳しいでしょう。

ただし、会社によっては申込条件として前年度の年収を指定しているところもありますので事前にチェックをしておきましょう。

また、借入金額が大きいほど年収は重要視されます。

年収に自信がない人は借入金額は可能な限り低く設定しましょう。

年収が200万以下の人ができる対処法

過去に支払い遅延などによる「金融塩事故歴」があり、信用情報に傷がある

マイカーローンを審査する場合、信用情報に傷がないことが一番のポイントです。

以下4つのものに当てはまれば金融事故として信用情報に傷がついている可能性があります。

【金融事故の種類】
種類 内容
長期の滞納 3カ月以上支払いが遅れた場合
クレジットカードや各種ローン、奨学金の支払いも含む
債務整理 任意整理・特定調停・自己破産・個人再生などを行った場合
代位弁済 ローンなどの支払いができなくなり、保証会社がかわりに支払いをした場合
強制解約 携帯電話やクレジットカードなどを会社側から強制的に解約された場合

一般的に滞納は、遅延が起こった日から61日以上または3ケ月以上経つと、金融業者から個人信用情報機関に報告され、金融事故として登録されます。

しかし遅延のように、単純に毎月の返済日より後に返済を繰り返しているケースでも、その回数が多い場合は悪質と捉えられて、ローン審査に落ちる場合もあるので注意が必要です。

今回マイカーローンと他の借入含めて返済比率が大きすぎたらNG

一般的に年収の年間返済額に対する返済比率が35%を超えると審査で落ちる確率が高くなり、40%を超えると非常に厳しくなります。

《返済比率とは》

年収に対しての1年間の返済金額の割合

(返済比率(%)=一年間の返済額÷税込み年収×100)

もし自分で計算して返済比率が厳しいようなら、ローン申込額を小さくして返済比率を下げるなどなど、審査に通るための工夫が必要になります。

その他の確認して欲しいチェックポイント

上記以外にも下記のポイントに当てはまるとマイカーローンの審査におちてしまう可能性があります。

    【確認すべきポイント】
  • 1ケ月以内にマイカーローンと他のローン(カードローン等)を同時申込みしていたら要注意
  • 税金の滞納
  • 年収や勤務年数等でウソを申告してをする

年収や勤務年数などで申込書にウソを書いてはダメです。

ウソの行為は申込みした先に信用を落とすばかりか、バレたらその後も長く各種信用取引に悪影響を及ぼすので絶対やってはいけません。

特に銀行は多くの審査経験があり、審査の中で過去の個人取引データをもとに、本人の申告内容の矛盾を突いてきます。

申込者が金融機関の質問者の問いにきちんと答えられないと、ウソや未申告を疑われて審査で落とされます。

パート・アルバイト・フリーター・主婦(含むパート主婦)におすすめのマイカーローンは?

パートやアルバイト、フリーターにおすすめのマイカーローンはしずぎんのマイカーローンです。

しずぎんは年収の金額よりも「年収に対して、無理のない返済プランかどうか」で判断しているためです。

また、銀行系以外でもおすすめのマイカーローンがあります。

銀行系以外のおすすめのマイカーローンについてそれぞれ説明していきます。

パート・アルバイトには審査基準が異なる信販系のマイカーローンがおすすめ

会社によって審査基準は異なりますので銀行系にこだわらず別のマイカーローンを受けてみましょう。

銀行系の審査が厳しくなる要因は「保証会社」を必要とするためです。

《保証会社とは》

ローンの利用者が返済できなくなった場合、利用者に代わって保証会社が各機関へ支払いをおこなうもの

ほとんどの銀行は万が一の場合を考え、保証会社をつけています。

そのため、実際にマイカーローンの審査をおこなうのはこの「保証会社」になります。

保証会社が入ると審査は厳しく、また保証料を取られてしまうためデメリットが大きいです。


フリーター・主婦(パート主婦)にはディーラーのマイカーローンがおすすめ

マイカーローンの審査が厳しい場合、車販売店で利用できるディーラーローンがおすすめです。

ディーラーローンは銀行マイカーローンに比べて審査基準が低く、審査に通りやすくなっています。

ただし、その分デメリットも多くあります

    【ディーラー系マイカーローンのデメリット】
  • 金利が高い
  • 返済期間が銀行・信販系に比べて短い(最長でも7年)
  • 車の名義が自分ではなく、保証会社or販売店名義になる
  • 車購入時に必要な諸経費は現金払いになる(約20~30万程度)

ディーラーローンで審査が緩い理由は、購入する車が担保になっており、車の所有権はローンが終わるまで、ディーラーまたはローンを実施する信販会社が持っています。

そのためディーラー側としても、仮に購入者本人が返済不能になっても、対象の車を市場で売却してローン代金を回収すればいいので、その分、審査基準を低くしてもいいのです。

また、金利も高めのため審査が通りやすくなっています。

これらの理由から、パート・アルバイト等の非正規雇用者でも、ディーラーローンを申込すれば、銀行系マイカーローンと比べても審査通過率が高まっているのです。

くれぐれも審査の判断に大事な個人情報について、ウソの申告や未申告などは止めておきましょう。

どうしても審査に自信がない…パートやアルバイトでもマイカーローン審査に通るための方法

家族の扶養に入っていて、年収が足りない人や他社からの借り入れがある人はどうしたらいいのでしょうか。

そういった人でも審査に通るための方法をご紹介していきます。

頭金を用意し、マイカーローンの借入金額を下げて審査に通りやすくする

マイカーローンの借入額を下げて申込みすれば審査に通りやすくなります

そのためできるだけ全てを借入に頼らず、頭金を用意して車の購入費に充てましょう。

頭金を用意するための唯一の方法

頭金を少しでも用意できれば、借入金額をおさえることができます。

しかし、何十万の金額はすぐに用意できるものでもありません。

もし、できるだけ早くマイカーローンを申し込みたいならカードローンを利用するのも手です。

カードローンの中には即日で融資をしてくれるところもあり、頭金を早く用意することができます。

【即日で融資してくれるカードローン】
会社名 特徴 詳細
【アコム】
アコム
利息は利用日数分だけ
即日融資可能
    【カードローンにはマイナスイメージがある…?】
  • マイカーローンとの違いは金利のみ
  • 借りただけで信用情報に傷がついたりしない
  • 悪質な取り立てをされたりもしない

連帯保証人を立てる

パート・アルバイト・フリーター・主婦等はどうしても信用度が低いので、ディーラーローンで借りる場合、できれば連帯保証人を立てることが審査を通るベストの方法です。

ただし、連帯保証人は

  • 1.申込者本人より安定した仕事に就いて、安定・継続した年収を確保していること>
  • 2.連帯保証人自身、信用情報に傷がないこと
  • 3.できれば連帯保証人が自宅など、評価できる資産を持っていることが望ましい

等の条件を満たしておくことが必要です。

連帯保証人の候補としては、申込者の両親、兄弟、配偶者などが適切と思います。

保証人をたててマイカーローンの審査にとった人の口コミ

信販系マイカーローン
20歳男性 年収106万でも審査に通った!
審査 通過
保証人 アリ
雇用形態 アルバイト
年収 106万
マイカーローンの希望借入額 50万円
金利 15%
未納・未払い なし
勤続年数 2年
保証人 父親
実際(査定後)の借入額 50万円
支払い回数 60回
解説

年収は106万と少なく、雇用形態もアルバイトですが父親を保証人として申請したところ審査に通過。

ただし、今までに未払いや他社の借り入れはありません。

信用情報に問題がなければ保証人をたてて申請をしてみましょう。

使わないカードローン枠やクレジットカード(含むキャッシング枠)があれば事前に解約しておく

マイカーローン申込み前に、もし利用していないカードローンやクレジットカードがあれば、解約して整理しておきましょう。

金融機関でも審査において信用照会で他行のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠も把握しているので、仮にそれらが使われていなくても合計で借入額に加算します。

その結果、返済比率が悪くなるので、マイカーローン審査に悪く影響してきます。

審査対策として、事前に未利用のカードローン・クレジットカード等解約しておくと、返済比率が改善して審査に通りやすくなります。

ネット申込みできる全国の金融機関もマイカーローンの借入候補先に入れる

マイカーローンを取扱いしている金融会社は全国にたくさんあります。

近くの金融機関だけにこだわらず、色々情報を集めて自分に合ったマイカーローン申込み先を探してみましょう。

業態によって審査レベルは異なります。

仮にひとつの金融機関で審査に通らなくても、金融機関を変えることで審査基準を満たせてマイカーローン審査に通ることもあります

あきらめずに色々な金融会社の情報を集めてみて下さい。

パート・アルバイト・フリーター・主婦(パート主婦)がマイカーローンの審査に通るなら4つの項目を確認しておこう!

    【この記事のまとめ】
  • パート・アルバイト・フリーターでもマイカーローンを組むことは可能
  • ただし、条件を満たしておく必要がある
  • 条件は「年収200万以上」「勤続年数1年以上」「他社の借り入れ金額は年収の30~35%以下」「金融事故歴がない
  • どうしてもマイカーローンを組みたいなら「頭金を良いして借り入れ金額を減らす」「連帯保証人をつける」「審査基準が異なるマイカーローンに申し込む

カテゴリ一覧

自動車保険の人気記事

【18・19・20歳・学生向け】安い自動車保険に入るための方法

自動車保険で子どもが補償範囲内でも安くするポイントと見直すべき補償内容

車両保険金額の目安はいくら?設定金額の決め方を紹介

車両保険が必要か・外すかの判断基準と車両保険つきで安い保険の探し方

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法