自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

1等級では契約拒否…?最低等級でも入れる自動車保険の見つけ方

1等級でも入れる自動車保険の選び方のアイキャッチ画像
保険会社から更新を断られた…1等級でも加入できる保険はないの?

事故で1等級となり、今契約している自動車保険の更新を断られても他の会社で契約できる可能性があります。

しかし、他の保険会社で契約できても1等級になると保険料が大幅に上がってしまいます。 1等級だと保険料の上がり幅は現在の64%となり、高額な保険料になるでしょう。

この記事では1等級でも契約できる保険会社と合わせて、最安値の保険を探す方法を紹介していきます。
【1等級でも加入できる保険の見つけ方】
  • 1等級の人は事故を起こす確率が高いので保険会社から拒否されることが多い
  • 加入できる保険を探すには各社に見積もり依頼を出すのが一番早い
  • 価格.comの一括見積もりなら8社を同時に見積もりできるので加入できる保険が一発で見つかる
  • 見積もりは5分で完了!無料なので誰でもできる
8社を一括見積もりしてみる
    【一括見積もりのメリット】
  • 同じ条件で複数の会社を一括見積もりできるので一番安い保険を簡単に見つけることができる
  • 保険会社による営業がない
【1等級の人が保険料を安く抑えるための方法】
No 方法 おすすめ度
1 無保険で13ヶ月待つ ★☆☆☆☆
2 家族名義で新たに自動車保険に加入 ★★☆☆☆
3 免責金額を設定し、補償範囲を限定する ★★★☆☆
裏ワザ 一括見積もりで保険を見つける ★★★★★
・3つの方法の中でおすすめなのは免責金額を設定し、補償範囲を限定すること ・しかし、実は一番手っ取り早い裏技が一括見積もりで比較し保険を見つけること ・あなたが今払っている保険料は、みんなより10,000円以上高いかも

価格.comならたった5分で無料で見積もれる! /

一括見積もりで安い保険を探す

等級ダウン事故が起きたとき保険を使うか判断する方法

何か事故などが起きてしまった場合、保険を使い補償を受け取ることで等級はダウンしてしまいます。ノンフリート等級制度では、等級がダウンすればするほど保険料が割増しされていますので、事故の程度や内容によっては保険金の請求を慎重に検討しましょう。交通事故が立て続けに起きて1等級までダウンしてしまうと、割増率が64%まで上がってしまうので運転は慎重にしましょう。

また、事故がどのような内容かによって、「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」の3つに大別されます。

3等級ダウン事故

3等級ダウン事故とは、事故時に保険の補償を受け取ることで、次期の保険の更新時より3等級低い等級での割引率が適用される種別の事故です。

その中でも、おもに以下のようなケースが挙げられます。

  • 事故を起こした相手にケガを負わせ、対人賠償保険金が支払われた
  • 事故を起こした相手の車やモノへの修理費として対物賠償保険金が支払われた
  • 事故により損壊した電柱などの公共物に対し車両保険金が支払われた

上記はいずれも、過失割合が1以上あり他車(他者)を巻き込んでしまったようなケースがほとんどで、さらに、物損事故であっても修理費や治療費を自費で出すのが困難なほどの損害額に至るため、多くは保険金でまかなうことになります。

要注意!自損事故で車両保険を使うべきか慎重に考えよう

ペーパードライバーや免許を取って日が浅いドライバー、特に学生など若者の運転での事故発生件数は非常に多いですが、特に注意したいのは自損事故です。自損事故は基本的に一般型車両保険など、補償の充実した車両保険の契約プランにしていなければ補償範囲外になりがちです。しかし、事故の発生件数が多い一方で、3等級ダウンによって値上がり必至の保険料を考えれば、車両保険を使うまでもないと判断できるケースも多いのが特徴です。

以下のような場合は、修理の見積もり依頼を取った後検討し、車両保険を使わないと選択した方が得策となることがあります。

自腹で払える程度の修理費で済んだケース

例えば、一般型車両保険や自損事故への手厚い補償が受けられる特約を付帯している場合でも、修理の見積もりを出してもらったら、一度立ち止まって車両保険を使わず自分で支払えないか慎重に考えましょう。

自費でまかなえると判断できれば余計に車両保険を使い等級を下げることもないでしょう。

修理に出す必要を感じない損壊で済んだケース

例えば、自力走行にまったく支障が出なかった場合や傷が目立たない損壊だった場合、見切り発車で修理依頼をするのは待ちましょう。

その自動車保険の事故車両を、近いうちに廃車にする予定がある、またはあまり車体の傷にこだわりがない、など車両の状況や価値観によっては修理それ自体が不要と判断できる余地があるかもしれません。

1等級ダウン事故

1等級ダウン事故は、おもに以下の要件を満たすような事故を指します。

  • 車両保険で補償できる
  • 台風などの天災による損壊(ただし、地震や津波、噴火など大規模災害での損壊は一般的に対象外)
  • 落書きなど不慮のいたずら被害
  • 盗難被害

いずれも、不慮の事故や無過失の事故であるという共通点があります。

自動車ごと盗難の被害にあった場合は、だいたいのケースで全損扱いになりますし、よほど被害車両への思い残しがないような場合を除けば、損害額の大きさ次第では車両保険を使うことになるでしょう。

1等級ダウン事故で保険を使うべきかの判断基準

自損事故で車両保険を使うかどうかについて先述したように、自費で修理代を出せるか修理の必要がなければ、車両保険を使う必要はないと判断できることもあります。

等級が下がって事故有割引率が高くなればどれだけ保険料が上がるかを考えて検討しましょう。

ノーカウント事故

ノーカウント事故で等級が下がらなかった場合は、翌年の更新時には順当に1つ上の等級での保険料の割引率が適用されます。

具体的には以下のようなケースで、等級ダウンとは見なされず事故の件数として数えられないため、一般的にノーカウント事故として扱われます。

  • 人身傷害補償保険によりご自身への補償が支払われた
  • ファミリーバイク特約や弁護士費用特約など特定の特約による補償を受けた
  • 車上荒らしで、車内外身の回り品(携行品)への特約で補償を受けた

等級がダウンしたらどれだけ保険料が上がるか確認する唯一の方法

自動車保険は、更新月が近くなると翌年度の自動車保険料の金額の提示を伴った更新はがきなどの連絡がきますが、そのはがきをのんびり待っているわけにはいきません。唐突に突きつけられる高い保険料ほどおそろしいものもありません。

そこで当サイトがおすすめしているのは、一括見積もりサイトの価格.comの利用です。保険の乗り換えを具体的に検討しない場合でも、今の等級より3つまたは1つ低い等級で一括見積もりをして試算してみましょう。

下がった等級で保険料はいくらになる?

一括見積もりサイトのメリット①信ぴょう性が高い

各保険会社の公式の見積もりで確認ができるため、データの保険料や補償内容に関して非常に信ぴょう性が高いです。

一括見積もりサイトのメリット②さらに安い保険をついでに探せる

見積もり結果次第では、今より安く補償の充実した自動車保険が見つかるケースも非常に多いです。

一括見積もりサイトのメリット③手軽で無料

一括見積もりサイトの価格.comは、最短5分の入力作業で見積もりを一括でできる、無料のサービスです。一括見積もりを取った後にしつこい電話や営業の心配もないため、安くてよい自動車保険を探すときも手軽に活用できます。

ロードサービスの使用だけでは等級は下がらない

ロードサービスも自動車保険に加入時に重要視すべき補償ですが、車両保険など補償を受け取るか否かにかかわらず、無理はせずロードサービスは使えるだけ使いましょう。

なぜなら、いずれの自動車保険会社でも、ロードサービスの使用は等級ダウン事故として見なされないためです。

保険料を試算する

1等級は自動車保険の更新すらできなくなるってウソ?ホント?

等級は、無事故を維持できれば1年で1つ上がりますが、等級が上がる前に事故を起こして保険を使うたびに等級は下がり続けることになります。

新規契約の場合は6等級ですが、事故を起こし続けた場合は事故有係数がついて、そのまま1等級まで下がると保険料が上がるだけでは済みません

1等級のデメリット3つ

1等級のデメリットはおもに下記の3つが挙げられます。

  • 自動車保険料が割高になる
  • 自動車保険の次年度の更新ができないケースがある
  • 自動車保険の新規契約ができないケースがある

このうち、保険料が割高になるだけなら大きな問題ではないかもしれませんが、自動車保険の更新や新規契約ができないことがある、つまり更新時期を過ぎれば所有している車が無保険車になるということです。

事故の程度によっては一生かけても払えない医療費など事故時の諸費用を払い続けることにもなりかねません。

隠してもムダ!他の保険会社でも新規の引き受けは拒否される

1等級ということは保険会社に事故を起こしやすい人と判断されているということなので、多くの保険会社で新規での引き受けを拒否されます。

自動車保険の等級情報は日本損害保険協会で管理・共有されているため、保険会社各社が共通で加入者の情報を確認できるようになっています。

そのため1等級であることを隠しても、すでに他社に情報が筒抜けになっているということです。

1等級でも加入できる自動車保険を5分で探す唯一の方法

更新月が近づいて届く翌年度の自動車保険の案内で、唐突に「自動車保険の更新のお引き受けができません」と通告されたらどうしますか?特に日常的に自動車を運転される方であれば、なおさら困ってしまいます。

そこで、一括見積もりサイトの価格.comで、たったの5分の入力作業で新規加入を引き受けてくれる可能性のある自動車保険だけを探せます

一括見積もりサイトで自動車保険の加入の引き受け可否がわかるワケ

一括見積もりサイトの価格.comの強みは、保険会社各社の公式の見積もりを受け取れる点にあります。また、加入の引き受けのできない自動車保険では見積もり結果が出ません。裏を返せば、引き受けてくれる自動車保険会社の見積もりだけが送ってこられるということです。

1等級でも自動車保険に新たに加入する4つのコツ

1等級になってしまうと、それだけ事故のリスクが高いと保険会社や共済が判断して契約更新を断るケースも多いですが、ここでは、1等級でも新たに自動車保険に加入しやすくするための方法を4つ紹介します。

①13ヶ月無保険で待つ

1等級で解約、失効となってしまった場合は13ヶ月間、新規で保険に加入することができなくなってしまいますが、逆に考えれば解約から13ヶ月後には新規で保険を契約できるということでもあります。

新規で加入すると6等級で加入できるので、長いですが待つことで自動車保険料の割引率が下がります。

こちらの方法は13ヶ月間無保険ということなので、何かあったときの補償がいっさいない状態で車に乗るのはやめましょう

②名義変更で新たに自動車保険に加入する

例えば、夫婦で運転される場合、旦那さまが1等級の場合は、奥さまの車の保険は新規で契約することになるため、新規の6等級からということになります。

旦那さまが1等級でも奥さまの車に家族限定などの条件をつけることにより、旦那さまも奥さまの車を運転した場合は6等級の保険料で済むということになります。

ただし、新たに別の車に保険をかけなければいけません。同じ車の場合は等級を引き継ぐことになってしまい、家族であっても1等級になります。

新たに保険に加入する場合はなるべく多くの保険会社を比較することが重要です。

入れる保険を探す

契約内容を変更する場合は、正しい手順を踏まなければ補償されなくなってしまいます。

③一括の年払いで申し込む

実は、支払い方法の選択によって自動車保険は保険料が変わり、年払いの方が保険料が安くなることもあります。さらに、事故のリスクが多いと見なされがちな1等級のドライバーでも、月払いで支払うよりも年払いで一度に支払えるドライバーの方が信頼できると見なされることがあります。保険会社によっては、保険料を年払いできるということであれば引き受け可能な保険会社もあるようです。

ですので、無理のない範囲で可能なかぎり一括の年払いで申し込みましょう。

④免責金額の設定、補償範囲の限定

どうしても車を使うので、保険が必要という場合は全ての保険会社ではありませんが、まれに対物事故の免責金額が10万円や、対人・対物の補償のみという条件付きで契約できる場合があります。

また、通勤などでどうしても車が必要という場合などを説明すれば、条件付きで保険に加入しやすくなるという保険会社もあるようです。

自動車保険を見直してみましょう。見直しのポイントについては、自動車保険の見直しタイミングはいつ?見直しポイント3つ紹介!をご覧ください。

免責金額と補償範囲の正しい設定が一番の近道

ここまでご紹介した4つの方法でおすすめするのは免責金額の設定、補償範囲の限定です。

13ヶ月待つ場合は無保険期間の危険性が高すぎます。

また、家族の名義に変更して保険に加入する場合も新たに車が必要になります。

そのためもっともリスクの少ない方法はもらえる補償を少なくして保険加入する方法です。

もちろん、全ての保険会社が対象となるわけではないので見つけることは大変です。

1等級でも加入できる自動車保険を見つけるには一括比較の見積もりサイト

免責金額を高額に設定して、補償範囲を限定しても1等級で加入できる保険会社はとても少ないです。

そんな少ない保険会社を簡単に見つけるには、一括見積もりサイトが一番です。

実際に店舗に訪問する手間もなく、一度に多くの自動車保険会社の内容を確認できます。

自動車保険を一括比較して見積もるなら価格.comがおすすめ

自動車保険一括見積もりでおすすめするサイトは価格.comです。

事故を起こすと等級は下がり、1等級に下がってしまうと多くの自動車保険会社や共済に契約更新で引き受け拒否されてしまいます。

今回は1等級になってしまった方でも自動車保険で新規契約するための方法をお伝えしてきました。

おすすめする理由は3点

  • 入力時間が最短5分
  • 最大8社まで一括見積もり可能
  • 満足度が高い大手損保を複数見積もりできる

ぜひこちらのサイトで保険の見積もりを出してみて、1等級になり更新を断られたあなたも加入できる自動車保険を見つけてください。

加入できる保険を探す

まとめ

  • 1等級は保険の契約を更新できない場合がある
  • 更新できないから他社へ乗り換えようとしても拒否されるときもある
  • 4つの対処法を理解して使う
  • 一括見積もりなら加入できる保険を教えてくれる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

自動車保険の人気記事

【18・19・20歳・学生向け】安い自動車保険に入るための方法

自動車保険で子どもが補償範囲内でも安くするポイントと見直すべき補償内容

車両保険金額の目安はいくら?設定金額の決め方を紹介

車両保険が必要か・外すかの判断基準と車両保険つきで安い保険の探し方

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法